• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 705号室 ホテル奇談

書籍

705号室 ホテル奇談

著者:塔山 郁

『このミステリーがすごい!』大賞 優秀賞受賞作家 第2弾

そこには、誰も泊まってはいけない

第7回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞を受賞し、『毒殺魔の教室』にてデビューした著者の最新作が登場です。宿泊料1泊7000円、都内にある「リバーサイトホテル」。何の変哲もない、そのビジネスホテルには、使用禁止の部屋――廊下一番奥の「705号室」が存在していた。新しく支配人に就任した本城は、ホテルの売り上げを立て直すため、その部屋を改装して十数年ぶりに予約を取ることにした。やがて、大きな代償を払うことになるとも知らずに。「705号室」にかかわったがために、宿泊者、デリヘル嬢、支配人、客室係、フロント係たちの人生が、災いに蝕まれていく……。


この作品はフィクションです。実在する人物、団体等とは一切関係ありません。

 

『このミステリーがすごい!』大賞

塔山 郁 (とうやま かおる) プロフィール

1962年、千葉県生まれ。『毒殺魔の教室』(宝島社文庫)にて第7回『このミステリーがすごい!』大賞・優秀賞を受賞し、2009年デビュー。他の著書に『悪霊の棲む部屋』『人喰いの家』(ともに宝島社文庫)など。心霊描写を含む作品を得意とする。

塔山 郁 の他の作品

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.