宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル

人と社会を楽しく元気に。 ファッション雑誌No.1 宝島社

  • SNSアカウントー覧

HOME > 憚りながら

書籍

憚りながら

著者:後藤忠政

生か死か?怒濤の生き様!

しょせん、俺はチンピラだった。
得度から1年――
伝説の組長はなぜ、山口組を去ったのか?


戦後愚連隊社会、創価学会との攻防、山一抗争、
伊丹十三襲撃事件、バブル経済、政界との交流。
日本の深層を生き抜いた人物の半生と人生哲学。


かつて伊丹十三監督襲撃事件などで日本社会を震撼させた武闘派団体・後藤組の後藤忠政組長。2008年10月に山口組を電撃引退し、翌年には天台宗系の浄発願寺で得度(得度名=忠叡)。日本中をあっといわせたのは記憶に新しい。
それから1年……財界・政界にも大きな影響力を発揮し、山口組の直参として、日本の深層を生き抜いた後藤忠政とは、いかなる人物なのか?本書は、半年にわたる延べ50時間のインタビューを構成したもので、これまでその人物像が明かされることのなかった伝説の組長の生い立ち、静岡県富士宮を舞台にした愚連隊時代、山口組直参昇格、竹中正久四代目の思い出、山一抗争、伊丹十三襲撃事件、孤高の民族派・野村秋介との交友、企業社会への進出、政界との交流、武富士との攻防、山口組引退の真相、そして自身の人生哲学から女性哲学までが、たっぷりと語られる。
激動の半生を送ってきた人物が語り下ろす、今年、注目度ナンバーワンのノンフィクション!

目次

    本書の刊行にあたって

    まえがき 「是でもなく、非でもなく」

    第1章 血筋
     留置場で芽生えたプライド
     一杯飲むと大狂いの親父
     富士宮の大財閥だった祖父
     …ほか

    第2章 富士宮愚連隊
     静岡で一番ヤバい町
     一度逃げたら、一生逃げることに
     日本刀で現役ヤクザを滅多斬り
     …ほか

    第3章 イケイケの時代
     「大リーグ」からのスカウト
     戦国武将のような“領土拡大”
     後藤を破門しろ
     …ほか

    第4章 創価学会との攻防
     富士宮の小佐野賢治
     創価学会への内容証明郵便
     元公明党都議との密会ビデオ
     …ほか

    第5章 山口組直参
     四代目・竹中正久親分の思い出
     山一抗争と極道の大義
     四代目の跡目をめぐって
     …ほか

    第6章 生涯の友・野村秋介
     本当に素敵な出会い
     石川重弘カメラマン救出作戦
     糸山英太郎襲撃事件
     …ほか

    第7章 東京進出
     大物仕手・竹井博友
     川崎定徳・佐藤茂との出会い
     フロント企業の増殖
     …ほか

    第8章 バブルの勝者
     勝っても我慢、負けても我慢
     伊丹十三襲撃事件
     武富士の裏切り、中江滋樹の逃亡
     …ほか

    第9章 政界の品格
     永田町備忘録
     現役大臣が手形を持ち込む
     大義がなかった小泉首相の“ケンカ”
     …ほか

    第10章 渡米肝移植
     刺青と肝臓病
     入国できないはずの米国で移植できた理由
     家族3人、奇跡のハワイ旅行
     …ほか

    第11章 引退の決意
     「力こそ命」の時代の終わり
     オウム真理教と後藤組
     宅見若頭射殺事件後の締め付け
     …ほか

    第12章 得度
     刺青を入れた住職
     一隅を照らす これ国宝なり――最澄の教え
     袴田事件への思い
     …ほか
続きを見る

後藤 忠政 (ごとう ただまさ) プロフィール

東京市荏原区(東京都品川区の一部)に出生。本名・後藤忠正。元山口組後藤組組長。2歳で父の郷里・静岡県富士宮市に疎開して以降、同地で育つ。祖父・幸正(本名・幸太郎)は富士川発電(後に東京電力に吸収合併)や駿河銀行(現在のスルガ銀行)、駿豆鉄道(伊豆箱根鉄道の前身)などの創設に携わった。1984年四代目山口組直参。山一抗争を経て89年に五代目山口組直参、2002年同若頭補佐。05年六代目山口組の舎弟に直る。08年10月引退。09年4月8日神奈川県の無常山浄発願寺にて得度。得度名は忠叡。得度後、劇場映画『BOX 袴田事件 命とは』(高橋伴明監督、2010年モントリオール世界映画祭コンペティション部門正式出品)を企画し、本書の原本とともに大きな反響を呼んだ。

後藤 忠政 の他の作品

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.