• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > おやすみラフマニノフ

書籍

おやすみラフマニノフ

著者:中山七里

『このミス』大賞シリーズ

映画『さよならドビュッシー』

 

事件の始まりは、
密室で消えた2億円のストラディバリウス


プロへの切符をつかむため、
練習に励む
学生オーケストラの
不安、焦燥、絶望

音楽に人生を捧げる価値はあるのか。


ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」が響くとき、
衝撃の真実が明らかに!


第8回『このミス』大賞受賞作家の第2作目です。秋の演奏会を控え、第一ヴァイオリンの主席奏者である音大生の晶は初音とともに、プロへの切符をつかむために練習に励んでいた。しかし完全密室の空間で保管されていた、時価2億円のチェロ・ストラディバリウスが盗まれてしまう……。メンバーたちは、果たして無事に演奏会を迎えることができるのか。ラフマニノフやチャイコフスキーなどの名曲が、情熱的に、力強く描かれるなか、天才ピアニストにして臨時講師・岬洋介が鮮やかに事件を解決する!


※この作品はフィクションです。実在する人物、団体等とは一切関係ありません。

 

 

『このミステリーがすごい!』大賞

 

VOICE-作家から生の声お届けします-

 

目次

    プレリュード

    Ⅰ Affannoso piangendo アッファンノーソ ピアンジェンド ~悩ましく嘆きながら~

    Ⅱ Angoscioso spiegando アンゴショーソ スピエガンド ~不安がだんだん広がるように~

    Ⅲ Acciaccato delirante アッチャッカート デリランテ ~激しく嵐のように~

    Ⅳ Con calore deciso コン・カローレ デチーゾ ~情熱をこめて決然と~


中山 七里 (なかやま しちり) プロフィール

1961年、岐阜県生まれ。『さよならドビュッシー』にて第8回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞を受賞し、2010年デビュー。他の著書に『おやすみラフマニノフ』『さよならドビュッシー前奏曲 要介護探偵の事件簿』『いつまでもショパン』『連続殺人鬼カエル男』(すべて宝島社文庫)、『魔女は甦る』『ヒートアップ』(ともに幻冬舎)、『贖罪の奏鳴曲』『追憶の夜想曲』(ともに講談社)、『静おばあちゃんにおまかせ』(文藝春秋)、『スタート!』(光文社)、『切り裂きジャックの告白』『七色の毒』(ともに角川書店)など多数。

中山 七里 の他の作品

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.