• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 殺しも芸の肥やし 殺戮ガール

書籍

殺しも芸の肥やし 殺戮ガール

著者:七尾与史

『このミス』大賞シリーズ

『このミステリーがすごい!』大賞作家の
黒いユーモア・ミステリー

ミステリー史上、最凶の女殺人鬼がなりたかったものは、
「お笑い芸人!?」

23万部突破のベストセラー『死亡フラグが立ちました!』、『ドS刑事』著者による、黒いユーモア全開の作品。
10年前、遠足で女子高生30名と教員を乗せたバスが、忽然と姿を消した。「某国による拉致」「UFOの仕業」など様々な噂も流れたが、結局手がかりも見つからないまま「平成最大のミステリー」として現在に至っている。この怪事件によって姪を失った刑事・奈良橋は、独自に調査を続けていた。そんな彼は、管轄内で起きた「作家宅放火殺人事件」を担当することになり……。


※この作品はフィクションです。もし同一の名称があった場合も、実在する人物、団体等とは一切関係ありません。

 

 

『このミステリーがすごい!』大賞

 

七尾 与史 (ななお よし) プロフィール

1969年、静岡県生まれ。第8回『このミステリーがすごい!』大賞・隠し玉として、『死亡フラグが立ちました!』(宝島社)にて2010年デビュー。他の著書に『殺戮ガール』『死亡フラグが立ちました! カレーde人類滅亡!? 殺人事件』『死亡フラグが立つ前に』(以上、宝島社)、「ドS刑事」シリーズ(幻冬舎)、「山手線探偵」シリーズ(ポプラ社)、「バリ3探偵 圏内ちゃん」シリーズ(新潮社)、『妄想刑事エニグマの執着』(徳間書店)など多数。

七尾 与史 の他の作品

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.