• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 脳は休ませると10倍速になる!

書籍

脳は休ませると10倍速になる!

著者:苫米地英人

寝るだけで仕事の質と量が圧倒的に変化する!

睡眠を変えるだけで
なりたい自分になれる!

睡眠の質を高めて
困難なミッションもこなす方法


・眠っているうちに自動的に脳が問題解決!
・苫米地式入眠法で「自由」を感じつつ快眠
・活性化した脳を有効利用する発想法


「朝、起きられない」「昼間、うとうとと眠ってしまう」「体がだるくてやる気が出ない」といった悩みを抱えている人に「正しい睡眠」を教えます。「正しい睡眠」を獲得することで、仕事の能率や生産性、意欲が10倍にアップ。充実した日々を送ることができます。「適切な睡眠時間とは?」「どうすれば夜ぐっすり眠れるのか?」「寝る前に宿題を与えれば、睡眠時に脳が勝手に問題を解決してくれる」といった睡眠をめぐる様々な知識を紹介。

苫米地 英人 (とまべち ひでと) プロフィール

1959年、東京都生まれ。認知科学者(機能脳科学、計算言語学、認知心理学、分析哲学)。計算機科学者(計算機科学、離散数理、人工知能)。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、同CyLab兼任フェロー、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボ株式会社CEO、株式会社角川春樹事務所顧問、中国南開大学客座教授、ロシア極東連邦大学客員教授、全日本気功師会副会長、米国公益法人 A Better World Foundation日本代表、米国教育機関TPIジャパン日本代表、天台宗ハワイ別院国際部長、財団法人日本催眠術協会代表理事。マサチューセッツ大学を経て上智大学外国語学部英語学科卒業後、三菱地所へ入社。2年間の勤務を経て、フルブライト留学生としてイェール大学大学院に留学、人工知能の父と呼ばれるロジャー・シャンク氏に学ぶ。同認知科学研究所、同人工知能研究所を経て、コンピューター科学の分野で最高峰と呼ばれるカーネギーメロン大学大学院哲学科計算言語学研究科に転入。全米で4人目、日本人として初の計算言語学の博士号を取得。帰国後、徳島大学助教授、ジャストシステム基礎研究所所長、同ピッツバーグ研究所取締役、ジャストシステム基礎研究所・ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院NMRセンター合同プロジェクト日本側代表研究者として、日本初の脳機能研究プロジェクトを立ち上げる。通商産業省情報処理振興審議会専門委員などを歴任。現在は自己啓発の世界的権威ルー・タイス氏の顧問メンバーとして、米国認知科学の研究成果を盛り込んだ能力開発プログラム「PX2」「TPIE」などを日本向けにアレンジ。日本における総責任者として普及に努めている。著書に『経済大国なのになぜ貧しいのか?』(フォレスト出版)、『洗脳広告代理店 電通』『アベノミクスを越えて』(ともにサイゾー)、『「騙す脳」を作る 騙されないための唯一の防御法』(徳間書店)、『夢がかなう脳!』(PHP研究所)、『脳の呪縛を解く方法』(中経出版)、『悩みを幸せに変える法則』(主婦と生活社)、『日本人の99%が知らない戦後洗脳史』(ヒカルランド)など多数。

苫米地英人 公式サイト http://www.hidetotomabechi.com/
ドクター苫米地ブログ http://www.tomabechi.jp/
Twitter https://twitter.com/DrTomabechi(@DrTomabechi)
PX2については http://bwf.or.jp/
TPIEについては http://tpijapan.co.jp/
携帯電話公式サイト http://dr-tomabechi.jp/

苫米地 英人 の他の作品

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.