• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > あの頃、忌野清志郎と

書籍

あの頃、忌野清志郎と

ボスと私の40年

著者:片岡たまき

ボスと共に泣いて、笑って、怒って、感動した40年

「ひとつひとつの言葉が心に染み込んでくる…。
清志郎の音楽が
何度もリフレーンしやがる!

涙が止まらない…。泣くことを許してくれるサイコーな言葉たち。
ずっとずっとずっと持ちつづけていたい…言葉、そして文。」
――竹中直人

40年見つめ続けた
元マネージャーが描く

【決定版】 リアル清志郎伝


2009年5月2日に急逝したバンドマン・忌野清志郎の元マネージャーである著者が、清志郎との40年にわたるバカみたいに濃い日々を、赤裸々に描いた清志郎回顧録の決定版です。熱狂的ファンとしてRCサクセション時代の清志郎を追いかけ続け、ついにはRCの所属事務所に就職、ツアーに同行するまでに至るなどファン道を極めつくした著者が、清志郎と共に泣いて、笑って、怒って、感動したゴールデンデイズを、没後5年経ったいま語ります。清志郎を知りつくし、間近で見つめてきた著者だからこそ書けるハートフルな言葉の数々に、ファンならずとも胸が熱くなること必至。読み終えたあと、耳もとに清志郎の歌声が聴こえてくるようなリアル清志郎伝です。

片岡 たまき (かたおか たまき) プロフィール

RCサクセションのマネージャー&衣裳係&ファンクラブ会報誌の編集を担当。RCサクセション好きが高じて、同バンドが最も輝いていた1980年代の10年間をスタッフとして支える。1986年から『週刊FM』に連載された忌野清志郎の交友録『忌野旅日記』の構成(聞き書き)を担当し、書籍『忌野旅日記』として刊行(音楽之友社より1987年に刊行。1993年に新潮文庫で文庫化)。1990年代、RCサクセションの活動休止以降は、シンガー・金子マリのマネージャーとして活躍。2004年以降、ソロになった忌野清志郎の衣裳係に復帰し、2009年の永眠まで清志郎の衣裳を担当。2014年現在、14人編成のアコースティックオーケストラグループであるパスカルズのスタッフとして活動。

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.