• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職

書籍

高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職

著者:紗倉まな

AV女優 紗倉まな初著書

『そういうところが好きです』
――バカリズム


高専在学中にAVデビュー
タイトル総売上枚数
10万超の人気女優が語る
デビューのきっかけやAV業界の裏話


14歳のとき、の書斎で…
AV女優を夢見た撃のきっかけとは!?

2012年、現役高専生時代に華々しくデビューした当代人気No.1のAV女優・紗倉まな。キュートであどけない妹系の表情が人気の彼女が、どのようにしてAV女優になったのか、周囲の反応や撮影現場での日常、引退も考えた苦境、業界あるあるなど、赤裸々に綴ります。14歳の頃から夢見ていたAV女優という天職について語った、明るくポップな自伝的エッセイです。

紗倉 まな (さくら まな) プロフィール

1993年生まれ。千葉県出身。グラビア活動を経て、高等専門学校在学中の2012年に、SODクリエイトよりAVデビュー。あどけなさの残るベビーフェイスとFカップの巨乳が生むギャップに加え、現役高専生という肩書きが話題を呼び、デビュー作の『紗倉まな AV Debut』は3万枚を超えるトップセールスを記録した。2015年現在は、人気AV女優でありながら、コラムやエッセーの執筆をはじめ、バラエティー番組、映画へ出演するなど、既存の枠にとらわれない新時代のAV女優像をマイペースに構築中。

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.