• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > がん消滅の罠 完全寛解(かんかい)の謎

書籍

がん消滅の罠 完全寛解(かんかい)の謎

著者:岩木一麻

『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ

2017年 第15回
『このミステリーがすごい! 』大賞
大賞受賞作


治るはずのないがんは、
なぜ消滅したのか――


余命半年の宣告を受けたがん患者が、
生命保険の生前給付金を受け取ると、その直後、
病巣がきれいに消え去ってしまう――。
連続して起きるがん消失事件は奇跡か、陰謀か。
医師・夏目とがん研究者・羽島が謎に挑む!


 
医療本格ミステリーの傑作が誕生!

辛口の選考委員たちが口をそろえて絶賛

史上最高の医療本格ミステリー。
こんなとんでもない謎を正面に掲げるとは前代未聞、大胆不敵。
大森 望(翻訳家・書評家)

まったく見当のつかない真相。
謎の設定がとにかく素晴らしい。
香山二三郎(コラムニスト)

……etc.


日本がんセンター呼吸器内科の医師・夏目は、生命保険会社に勤務する森川から、不正受給の可能性があると指摘を受けた。夏目から余命半年の宣告を受けた肺腺がん患者が、リビングニーズ特約で生前給付金3千万円を受け取った後も生存しており、それどころか、その後に病巣がきれいに消え去っているというのだ。しかも同様の保険金支払いが4例立て続けに起きている。不審感を抱いた夏目は、変わり者の友人で、同じくがんセンター勤務の羽島とともに、調査を始める。一方、がんを患った有力者たちから支持を受けていたのは、夏目の恩師・西條が理事長を務める湾岸医療センターだった。その病院は、がんの早期発見・治療を得意とし、もし再発した場合もがんを完全寛解に導くという病院。がんが完全に消失するのか?いったい、がん治療の世界で何が起こっているのだろうか――。

 

※この物語はフィクションです。作中に同一の名称があった場合でも、実在する人物、団体等とは一切関係ありません。

 

    『このミステリーがすごい!』大賞

  • ※本書は単行本化にあたり、第15回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞作品、岩木一麻『救済のネオプラズム』を改題し、加筆しました。

岩木 一麻 (いわき かずま) プロフィール

1976年、埼玉県生まれ。2016年現在は千葉県在住。神戸大学大学院自然科学研究科修了。国立がん研究センター、放射線医学総合研究所で研究に従事。現在、医療系出版社に勤務。

こんな本はいかがですか?

書籍

著者:降田 天
定価:本体1480円+税

購入

書籍

著者:城山真一
定価:本体1500円+税

購入

書籍

著者:一色さゆり
定価:本体1400円+税

購入

書籍

著者:神家正成
定価:本体1680円+税

購入

宝島社文庫

著者:海堂 尊
定価:本体780円+税

購入

書籍

著者:安生 正
定価:本体1400円+税

購入

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.