• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 韓国経済 大崩壊の全内幕

書籍

韓国経済 大崩壊の全内幕

著者:辺真一/勝又壽良/松崎隆司/別冊宝島編集部

溶けていく朝鮮半島。

製造業者の49.9%が「衰退」を自覚する
重光宏之ロッテ副会長が語る
弟・昭夫が率いる韓国ロッテの裏金・贈賄疑惑


 特別談話 
加藤達也
(産経新聞 編集委員)
労働貴族さえも世襲制のゆがんだ経済構造

韓国の経営学者グループが「2019年までに韓国は債務不履行に陥る」と予測するなど、崩壊へのカウントダウンがはじまった韓国経済。「財閥だけが儲ける国」と揶揄されながら、その頼みの綱のサムスンでさえも、ギャラクシーノート7の爆発でスマホ営業益が95%減、国を牽引してきた海運最大手の韓進海運も、経営破綻でついに破産手続きを申請した。我が世の春を謳歌した韓国財閥は今、先が見えない暗黒の時代を迎えている。

辺 真一 (ぴょん じんいる) プロフィール

1947年、東京都生まれ。明治学院大学文学部英文学科卒業後、新聞記者を経てフリーのジャーナリストとして活動。1982年、朝鮮半島問題専門誌『コリア・レポート』を創刊、現編集長。朝鮮問題の第一人者として、テレビ、ラジオなどで評論活動を展開している。主な著書に『世界が一目置く日本人、残念な日本人』(三笠書房)、『「金正恩の北朝鮮」と日本』(小学館)他、著書多数。

辺 真一 の他の作品

勝又 壽良 (かつまた ひさよし) プロフィール

静岡県出身。横浜市立大学商学部卒。経済学博士。1961年、東洋経済新報社入社、編集局に配属。『週刊東洋経済』編集長、取締役編集局長、東海大学教養学部教授等を歴任し、独立。『韓国経済阿鼻叫喚』(アイバス出版)、『サムスン崩壊』(宝島社)他、著書多数。

勝又 壽良 の他の作品

松崎 隆司 (まつざき たかし) プロフィール

経済ジャーナリスト。1962年、東京都生まれ。経済誌出版社の記者、専門誌編集長などを経て2000年1月に経済ジャーナリストとして独立。経営や経済の問題について新聞、経済誌などで執筆。著書に『堤清二と昭和の大物』(光文社)など。

こんな本はいかがですか?

別冊宝島

定価:本体1000円+税

購入

書籍

著者:シンシアリー/室谷克実/宝島取材班
定価:本体980円+税

購入

別冊宝島

定価:本体920円+税

購入

宝島SUGOI文庫

著者:チョン・ジヨン
定価:本体650円+税

購入

宝島SUGOI文庫

著者:黄 文雄
定価:本体630円+税

購入

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.