• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 金本・阪神 猛虎復活の処方箋

宝島社新書

金本・阪神 猛虎復活の処方箋

著者:岡田彰布

元監督が提言するタイガース再建案!

 勝負手は9月までとっておけ!
北條二塁、
ショート鳥谷。
選手をすぐ代えるな!


2005年以来、毎年のように優勝候補に挙げられながら、優勝を逃し続けている阪神タイガース。2016年は、金本知憲を新監督に迎え、ファンに大きな期待を持たせたものの、終わってみれば首位から24.5ゲームも離された4位。そんな歯がゆい状況にある近年の阪神タイガースについて、2005年リーグ優勝時の監督である岡田彰布氏が、金本・阪神はなぜ勝てないのか、勝つためにはどうすればいいのかなどについて、さまざまな角度から問題点を洗い出しつつ、再建案を語りつくします。

 

※本書に掲載のデータは、2017年3月20日現在のものです。

岡田 彰布 (おかだ あきのぶ) プロフィール

1957年、大阪府生まれ。北陽高校、早稲田大学を経て1979 年のドラフト1位で阪神タイガースに入団。1980年に新人王、1985年にベストナインとダイヤモンドグラブ賞を受賞。1994年にオリックス・ブルーウェーブへ移籍。1995年に現役引退。その後、オリックス二軍コーチ、阪神二軍監督などを経て、2004年から2008年まで阪神監督を務め、2005年にリーグ優勝を果たす。2010年から2012年まではオリックス・バファローズの監督を務めた。2017年現在は、野球評論家として活躍。著書に『頑固力 ブレないリーダー哲学』(角川SSコミュニケーションズ)、『なぜ阪神は勝てないのか? ──タイガース再建への提言』(江夏豊と共著、角川書店)、『オリの中の虎 愛するタイガースへ最後に吼える』(ベースボール・マガジン社)、『動くが負け 0勝144敗から考える監督論』(幻冬舎)、『なぜ阪神はV字回復したのか?』(角川書店)、『そら、そうよ 勝つ理由、負ける理由』『プロ野球 構造改革論』(ともに宝島社)などがある。

岡田 彰布 の他の作品

こんな本はいかがですか?

宝島社新書

著者:野村克也
定価:本体800円+税

購入

宝島社新書

著者:野村克也
定価:本体800円+税

購入

宝島社新書

著者:野村克也
定価:本体800円+税

購入

宝島社新書

著者:野村克也
定価:本体743円+税

購入

宝島SUGOI文庫

著者:岡田彰布
定価:本体600円+税

購入

宝島社新書

著者:岡田彰布
定価:本体780円+税

購入

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.