別冊宝島

別冊宝島2401 蘇る城

400年の歳月を超え伝説の名城が復活

  • SOLD OUT

著者:加藤理文 監修
発売日:2015年10月14日
価格:本体1,000円+税

判型:A4判
ページ数 : 111P
ISBN : 978-4-8002-4694-3
雑誌 : 66096-92

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • E-Mail

最新研究で現代に蘇る「幻の城」

屏風絵・CGで見る「幻の城」

二条城・聚楽第・木幡山伏見城

復元され現代に蘇った城
熊本城・金沢城・駿府城

古写真で再現する失われた城
盛岡城・水戸城・萩城


2015年6月、「天下人」豊臣秀吉築城の指月伏見城遺構が、およそ420年の時を経て出土したことにより、今後の発掘調査に関心が集まっています。「幻の城」とされ、存在したかどうかすら確認されていなかった指月伏見城のように、詳細が謎に包まれた城はほかにも多数あります。半世紀以上にわたって続いた発掘調査が、実を結びつつある現在、織豊期に完成した安土城、聚楽第、肥前名護屋城、二条城などに代表される城郭の栄華を、最新の研究成果によって現代に蘇らせ、城郭ファンの熱い期待にお応えします。400年の歳月を超えて、発掘調査や復元、屏風絵、古写真、復元CG、復元模型などにより、「幻の名城」を現代に蘇らせるムックです。

加藤 理文(かとう まさふみ) プロフィール

公益財団法人 日本城郭協会 理事

1958年生まれ。駒澤大学文学部歴史学科卒業、博士(文学)。織豊期城郭研究会代表。城郭に詳しく、中でも特に織豊系城郭を専門とする。著書に『江戸城を極める』『熊本城を極める』『静岡の城 研究成果が解き明かす城の県史』(すべてサンライズ出版)、『図説縄張のすべて―城の設計プランにこめられた知と手腕』(学研マーケティング)『織豊権力と城郭―瓦と石垣の考古学』(高志書院)などがある。

お近くの書店またはオンライン書店でお買い求めください。

ランキング

もっと見る

集計期間:2017/11/13〜2017/11/19
オール紀伊国屋書店調べ

こんな本はいかがですか?

この商品を見ている人はこちらの商品もチェックしています

売上げランキング

INFORMATION

配送・送料について

■送料について

お買い上げ商品・金額によって、送料が異なります。

全国一律 : 410円(税込)
商品合計7,500円以上(税込)お買い上げで送料無料

※宝島社の発行する出版物について
ご注文の合計金額が、
2,100円(税込)以上の場合は送料無料
2,100円(税込)未満の場合は送料410円(税込)

送料についての詳細はこちら

■お届けまでにかかる日数

通常商品の場合、ご注文完了(コンビニ前払いをご利用の場合は、ご入金確認後)の翌日から約1週間前後でお届けいたします。
予約商品・メーカー取り寄せの場合、商品によって入荷時期が違うため、お届け日が異なります。詳細は各商品ページをご確認下さい。

■配送業者

  • ・ヤマト運輸
  • ・佐川急便

お支払い方法について

■お支払い方法

  • ・クレジットカード払い
  • ・代金引換
  • ・コンビニ前払い
  • ・NP後払い(コンビニ・郵便局・銀行)
  • ・Amazonペイメント
  • ※予約商品など商品によっては一部ご利用できない支払い方法がございます。
  • ※お支払い方法によっては別途手数料をご負担いただきます。

お支払いについての詳細はこちら

キャンセル・交換について

■注文後のキャンセル

当店では、不良品・誤配送を除き「イメージ違い」等、お客様のご都合によるご注文後のキャンセルは承っておりません。

■不良品・誤配送について

キャンセル・交換についての詳細はこちら

お問い合わせ

■よくあるご質問

よくあるご質問はこちら

■お問い合わせフォーム

営業時間 10:00~18:00(土日祝、夏季・冬季休業日を除く)

各種お問い合わせはこちら

注文照会・ログイン情報について

■ご注文内容の確認について

注文照会はこちら

■ID・パスワードをお忘れの方

ユーザーIDの確認・パスワードの再設定はこちら

TOP