• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 別冊宝島2492 昭和30年代の家計簿

別冊宝島

別冊宝島2492 昭和30年代の家計簿

著者:武田晴人 監修

東京オリンピックで変わった日本の暮らし

新幹線開業、首都高建設、第1次マンションブーム
経済成長とともに見る
収入・物価・人々の生活


【インタビュー】
毎日が“新しい”の連続だった!
藤田弓子(女優)

激変! 昭和39年の渋谷駅を再現
富沢瑞夫(ジオラマ作家)

大きく変わった女性の生き方
小泉和子(昭和のくらし博物館館長)


本誌は昭和39年(1964年)東京オリンピックの時代を「収入・物価の変遷」を通して懐かしむことのできる一冊です。当時の家計簿に見る「昭和30年代の食材・娯楽の金額」、当時子どもだった人々の体験談「小・中・高校生の家計簿(小遣いとおもちゃ、駄菓子の値段)」、早稲田大学そばの下宿屋さんが回顧する「大学生の家計簿(家賃、遊び、酒、バイトの値段)」などを詳しく紹介。

武田 晴人 (たけだ はるひと) プロフィール

1949年生まれ。東京大学名誉教授。同大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。経済学博士。専攻は日本経済史。独立行政法人経済産業研究所プログラムディレクターも務める。近世から現代までの経済現象をさまざまな角度から研究している。著書に『高度成長』(岩波新書)、『仕事と日本人』(ちくま新書)、『新版 日本経済の事件簿 開国からバブル崩壊まで』(日本経済評論社)、『朝日新書491 脱・成長神話 歴史から見た日本経済のゆくえ』(朝日新聞出版)など多数。

こんな本はいかがですか?

書籍

著者:マイストリート(MYST) 編
定価:本体700円+税

購入

別冊宝島

著者:黒井文太郎 編
定価:本体920円+税

購入

別冊宝島

著者:生田 誠 監修
定価:本体1200円+税

購入

宝島MOOK

価格:1980円(本体1886円)

購入

宝島MOOK

価格:1980円(本体1886円)

購入

宝島MOOK

価格:1980円(本体1886円)

購入

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.