• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ

宝島社文庫

もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ

著者:高橋由太

『このミス』大賞シリーズ

食い意地の張った“魔物オサキ”を懐に入れて、
古道具屋手代の周吉は江戸・本所深川を駆け巡る。


手代と妖狐コンビの鬼退治!

「周吉、鬼が出たよ、ケケケッ」


「ライトノベル的にキャラが立ち、バディものとしても秀逸」大森望(評論家)。第8回『このミス』大賞から生まれた文庫書き下ろし、江戸人情捕物帖です!本所深川で献上品の売買を行なう、献残屋の手代として働く周吉は、狐の姿をした魔物・オサキに憑かれたオサキモチ。懐にいるオサキに、油揚げをねだられる日々を過ごしていたある日、店の一人娘・お琴が行方知らずに。周吉とオサキは、彼女を捜しに江戸の闇に出て行く――。


※この物語はフィクションです。実在する人物、団体等とは一切関係ありません。

 

    『このミステリーがすごい!』大賞

 

  • 文庫化にあたり、第8回『このミステリーがすごい!』大賞最終候補作品、高橋由太『鬼とオサキとムカデ女と』に加筆しました。

目次

    一 鬼寺

    二 お稲荷さま

    三 槍突き

    四 泣かされたお琴

    五 やり手の手代

    六 夜祭り

    七 冬庵

    八 消えたお琴

    九 蜘蛛ノ介の夜歩き

    十 ふたりの韋駄天

    十一 太夫さま

    十二 捕らえられた鬼

    終 真相

    解説 大森望
続きを見る
lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.