宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル

人と社会を楽しく元気に。 ファッション雑誌No.1 宝島社

  • SNSアカウントー覧

HOME > ぼくは明日、昨日のきみとデートする

宝島社文庫

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

著者:七月隆文

奇跡の恋愛小説

あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?

京都の美大に通う彼の前に現れたのは、
高嶺の花の可愛い彼女。
一目惚れから最高のカップルになるが、
彼と彼女の間には運命的な秘密があった……


彼女の秘密を知ったとき、
きっと最初から読み返したくなる


京都の美大に通うぼくが一目惚れした女の子。高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、交際にこぎつけた。気配り上手でさびしがりやな彼女には、ぼくが想像もできなかった大きな秘密が隠されていて――。「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」奇跡の運命で結ばれた二人を描く、甘くせつない恋愛小説。彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる。

 

※この物語はフィクションです。もし同一の名称があった場合も、実在する人物、団体等とは一切関係ありません。

 

「ぼく明日」公式サイトはこちら

 

  • ※本作品は宝島社文庫のために書き下ろされました。

七月 隆文 (ななつき たかふみ) プロフィール

大阪府生まれ。『Astral』(電撃文庫)でデビュー。『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(宝島社文庫)が口コミで広がりベストセラーとなる。他の著書に『君にさよならを言わない』(ともに宝島社文庫)、『ケーキ王子の名推理』(新潮文庫)など。

七月 隆文 の他の作品

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.