• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 夜よ鼠たちのために

宝島社文庫

夜よ鼠たちのために

著者:連城三紀彦

復刊希望! 幻の名作ベストテン

「絶対に読み逃してはならない傑作短編集」
――綾辻行人

2014年版
『このミステリーがすごい!』

「復刊希望! 幻の名作ベストテン」
第1位


意外な真相が胸を打つ、サスペンス・ミステリーの決定版


脅迫電話に呼び出された医師とその嫁婿が、白衣を着せられ、首に針金を巻きつけられた奇妙な姿で遺体となって発見された。なぜこんな姿で殺されたのか、犯人の目的はいったい何なのか……?深い情念と、超絶技巧。意外な真相が胸を打つ、サスペンス・ミステリーの傑作9編を収録。『このミステリーがすごい! 2014年版』の「復刊希望! 幻の名作ベストテン」にて1位に輝いた、幻の名作がついに復刊!

 

※この作品はフィクションです。もし同一の名称があった場合も、実在する人物、団体等とは一切関係ありません。

 

    『このミステリーがすごい!』大賞n

  • <初出一覧>「二つの顔」 「週刊小説」 1981年7月3日号、「過去からの声」 「週刊小説」 1981年10月9日号、 「化石の鍵」 「週刊小説」 1982年1月29日号、「奇妙な依頼」 「週刊小説」 1982年6月4日号、「夜よ鼠たちのために」 「週刊小説」 1982年10月22日号、「二重生活」 「週刊小説」 1983年2月25日号、「代役」 「小説推理」 1981年6月号、「ベイ・シティに死す」 「小説現代」 1981年11月号、「ひらかれた闇」 「ルパン」 1981年秋季号 ※本作品は新潮文庫版『夜よ鼠たちのために』(1986年刊)と講談社文庫版『密やかな喪服』(1985年刊)を底本として、1998年にハルキ文庫より刊行された『夜よ鼠たちのために連城三紀彦傑作推理コレクション』を再編集して刊行しました。

連城 三紀彦 (れんじょう みきひこ) プロフィール

1948年、名古屋市に生まれる。早稲田大学政治経済学部を卒業。1978年、「変調二人羽織」で第3回幻影城新人賞を受賞しデビューを果たす。1981年、「戻り川心中」で第34回日本推理作家協会賞、1984年、『宵待草夜情』で第5回吉川英治文学新人賞、同年『恋文』で第91回直木賞、1996年、『隠れ菊』で第9回柴田錬三郎賞をそれぞれ受賞。2013年に死去、翌年に第18回日本ミステリー文学大賞特別賞を追贈された。ほかの作品に『私という名の変奏曲』『流れ星と遊んだころ』『造花の蜜』『小さな異邦人』『女王』など。

連城 三紀彦 の他の作品

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.