• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 異国の御馳走 家斉(いえなり)の料理番

宝島社文庫

異国の御馳走 家斉(いえなり)の料理番

著者:福原俊彦

『この時代小説がすごい!』太鼓判

西洋の料理を
食うてみたいのう


将軍の無茶な願いに応えるために
幸之進は、魯西亜(ロシア)から帰還した
大黒屋光太夫(だいこくやこうだゆう)
助言を求め――。
期待の新鋭によるシリーズ第2弾。
書き下ろし!


美食家として知られる徳川家斉。その将軍の食事を差配する御膳奉行の藤村幸之進は、毎日の献立決めと毒味、将軍の立場では食すことのできない料理を密かに振る舞う役目を担っている。そして時には命を受け隠密働きも行う。「西洋の料理を食うてみたいのう」。家斉の無茶な願いに応えるために奔走する幸之進は魯西亜から帰ってきた漂流民、大黒屋光太夫に助言を求め――。期待の新鋭によるシリーズ第2弾。書き下ろし!

  • ※本作品は宝島社文庫のために書き下ろされました。

福原 俊彦 (ふくはら としひこ) プロフィール

1977年、東京都生まれ。榎本秋の筆名で歴史解説書や新書、評論や解説などを数多く手がける。著書に『外様大名40家「負け組」の処世術』(幻冬舎新書)、『殿様の左遷・栄転物語』(朝日新書)などがある。2014年に『裏門切手番頭秘抄一 青雲ノ閃』(富士見新時代小説文庫)で書き下ろし時代小説デビュー。『書物奉行、江戸を奔る! 新井白石の秘文書』(朝日文庫)、『火の子 燃ゆ 白石と大老暗殺』(角川文庫)と、時代小説の新作を意欲的に執筆している。

福原 俊彦 の他の作品

こんな本はいかがですか?

宝島社文庫

著者:和田はつ子/千野隆司/高橋由太/中谷航太郎
定価:本体650円+税

購入

宝島社文庫

著者:辻堂 魁/千野隆司/中谷航太郎/倉阪鬼一郎
定価:本体650円+税

購入

宝島社文庫

著者:上田秀人/倉阪鬼一郎/辻堂 魁/早見 俊
定価:本体650円+税

購入

宝島社文庫

著者:和田はつ子
定価:本体630円+税

購入

宝島社文庫

著者:山本巧次
定価:本体680円+税

購入

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.