• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > どこかでベートーヴェン

宝島社文庫

どこかでベートーヴェン

著者:中山七里

『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ

中山七里作品に出逢えて
幸せです。

谷原章介(俳優)

シリーズ累計120万部突破の音楽ミステリー。
岬洋介、最初の事件。
豪雨で陸の孤島と化す校舎に取り残された音楽科の面々。
クラスメイトの他殺体が見つかり、岬に容疑がかけられる。

父・岬検事と謎を解く!
すごい書き下ろし短編も収録


加茂北高校音楽科に転入した岬洋介は、その卓越したピアノ演奏でたちまちクラスの面々を魅了する。しかしその才能は羨望と妬みをも集め、クラスメイトの岩倉にいじめられていた岬は、岩倉が他殺体で見つかったことで殺人の容疑をかけられる。憎悪を向けられる岬は自らの嫌疑を晴らすため、級友の鷹村とともに“最初の事件”に立ち向かう。その最中、岬のピアニスト人生を左右する悲運が……。

 

※この物語はフィクションです。作中に同一の名称があった場合でも、実在する人物、団体等とは一切関係ありません。

 

 

『このミステリーがすごい!』大賞

 

  • ※本書は、2016年5月に小社より単行本として刊行された『どこかでベートーヴェン』を文庫化し、加筆修正したものです。「Concerto コンチェルト 〜協奏曲〜」は書き下ろしです。

中山 七里 (なかやま しちり) プロフィール

1961年、岐阜県生まれ。『さよならドビュッシー』にて第8回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞を受賞し、2010年デビュー。他の著書に『おやすみラフマニノフ』『さよならドビュッシー前奏曲 要介護探偵の事件簿』『いつまでもショパン』『連続殺人鬼カエル男』(すべて宝島社文庫)、『魔女は甦る』『ヒートアップ』(ともに幻冬舎)、『贖罪の奏鳴曲』『追憶の夜想曲』(ともに講談社)、『静おばあちゃんにおまかせ』(文藝春秋)、『スタート!』(光文社)、『切り裂きジャックの告白』『七色の毒』(ともに角川書店)など多数。

中山 七里 の他の作品

こんな本はいかがですか?

書籍

著者:中山七里
定価:本体1480円+税

購入

宝島社文庫

著者:中山七里
定価:本体640円+税

購入

宝島社文庫

著者:中山七里
定価:本体562円+税

購入

宝島社文庫

著者:中山七里
定価:本体600円+税

購入

宝島社文庫

著者:中山七里
定価:本体562円+税

購入

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.