• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 上州すき焼き鍋の秘密 関八州料理帖

宝島社文庫

上州すき焼き鍋の秘密 関八州料理帖

著者:倉阪鬼一郎

『この時代小説がすごい!』太鼓判

「すき焼き応援県ぐんま」のルーツに迫る!
凶賊の正体を暴く鍵は
真田信之と井伊直政の
意外な関係にあった――


読みでもあれば、食いでもある。
せりあがる闇、ひらめく剣、あたたかな人情。
今どき時代小説のフルコースだ。

 高橋敏夫氏(文芸評論家・早稲田大学教授)が推薦 

上州(群馬)見廻りの任についた関東取締出役(通称「八州廻り」)の藤掛右京は、ひそかに飼育された上州牛のすき焼き鍋の供応を受ける。獣肉を忌み嫌う時代に、この地にひそかに伝わるすき焼き鍋。上州沼田領を治め、また93歳まで生きて長命で知られた真田信之と隣接する高崎領を治めた井伊直政に由来するのだという。このすき焼き鍋の秘密に気づいた右京は、凶賊捕縛に立ち上がる!書き下ろし。

 

※この作品は史実を織り込んでいますが、あくまでフィクションです。作中に同一の名称があった場合も、実在する人物、団体等とは一切関係ありません。

  • ※本作品は宝島社文庫のために書き下ろされました。

倉阪 鬼一郎 (くらさか きいちろう) プロフィール

1960年、三重県生まれ。作家、俳人。早稲田大学第一文学部卒。ミステリー、ホラー、幻想、ユーモアなど、多岐にわたる作品を精力的に発表する。主な時代小説シリーズに「一本うどん」(宝島社文庫)、「小料理のどか屋 人情帖」(二見時代小説文庫)、「南蛮おたね夢料理」(光文社時代小説文庫)、「大江戸隠密おもかげ堂」(実業之日本社文庫)などがある。

【倉阪鬼一郎の宝島社文庫既刊】
包丁人八州廻り
もどりびと 桜村人情歳時記
一本うどん 八丁堀浪人江戸百景
名代一本うどん よろづお助け
大江戸「町」物語(共著)
大江戸「町」物語 月(共著)
大江戸「町」物語 光(共著)

倉阪 鬼一郎 の他の作品

こんな本はいかがですか?

宝島社文庫

著者:倉阪鬼一郎
定価:本体640円+税

購入

宝島社文庫

著者:倉阪鬼一郎
定価:本体640円+税

購入

宝島社文庫

著者:倉阪鬼一郎
定価:本体650円+税

購入

宝島社文庫

著者:倉阪鬼一郎
定価:本体650円+税

購入

宝島社文庫

著者:山本巧次
定価:本体600円+税

購入

宝島社文庫

著者:山本巧次
定価:本体640円+税

購入

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.