宝島社文庫

山と村の怖い話

著者:平川陽一
発売日:2017年6月6日
価格:本体640円+税

判型:文庫判
ページ数 : 283P
ISBN : 978-4-8002-7174-7

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • E-Mail

青森の“こんこんさま”、マタギの山のオンザル、
諏訪神社の不思議な御霊木……

怪異はそばに
潜んでいる。


鳳凰三山に消えた学生、山寺の怪しい灯火、
鎮守の森の絵馬の呪い――。
山や村で実際に起きた日本の怪異を綴る。


日本の山々や村には、すぐそばに怪異が潜んでいる――。そこに生きる人々や、旅行で訪れた人々への取材によって集められた、数々の怪異の記憶を収録。死んでもなお歩き続けた学生の幽霊「鳳凰三山に消えた学生」、姥捨て山の怪事「秘湯の老婆」、死者の着物を水で濡らす村の習わし「『水かけ着物』に呼ばれる霊」など、実際に起きた話や伝承をまとめた、75篇の怪奇実話集。

お知らせ

平川 陽一(ひらかわ よういち) プロフィール

1946年、東京都生まれ。早稲田大学文学部仏文学科卒業。光文社カッパ・ブックス編集部を経て、(株)幸運社(編集プロダクション)を設立し、代表取締役となる。ノンフィクション部門の書籍の編集制作作業を進める一方、歴史ミステリーなどを中心に著書を発表している。著書に『世界遺産・封印されたミステリー』『日本の城・封印されたミステリー』『47都道府県・怖くて不思議な物語』(以上、PHP研究所)、『あなたの知らない京都・異界完全ガイド』(洋泉社)、『恐怖!! 都市伝説』(汐文社)などがある。

今すぐ購入

山と村の怖い話

カテゴリー : 宝島社文庫
商品コード : 72717401

691円(税込)

【発送時期】
ご注文後1-3日で出荷予定
※お一人様 3点まで

ランキング

もっと見る

集計期間:2017/10/9〜2017/10/15
オール紀伊国屋書店調べ

こんな本はいかがですか?

この商品を見ている人はこちらの商品もチェックしています

売上げランキング

INFORMATION

配送・送料について

■送料について

お買い上げ商品・金額によって、送料が異なります。

全国一律 : 410円(税込)
商品合計7,500円以上(税込)お買い上げで送料無料

※宝島社の発行する出版物について
ご注文の合計金額が、
2,100円(税込)以上の場合は送料無料
2,100円(税込)未満の場合は送料410円(税込)

送料についての詳細はこちら

■お届けまでにかかる日数

通常商品の場合、ご注文完了(コンビニ前払いをご利用の場合は、ご入金確認後)の翌日から約1週間前後でお届けいたします。
予約商品・メーカー取り寄せの場合、商品によって入荷時期が違うため、お届け日が異なります。詳細は各商品ページをご確認下さい。

■配送業者

  • ・ヤマト運輸
  • ・佐川急便

お支払い方法について

■お支払い方法

  • ・クレジットカード払い
  • ・代金引換
  • ・コンビニ前払い
  • ・NP後払い(コンビニ・郵便局・銀行)
  • ・Amazonペイメント
  • ※予約商品など商品によっては一部ご利用できない支払い方法がございます。
  • ※お支払い方法によっては別途手数料をご負担いただきます。

お支払いについての詳細はこちら

キャンセル・交換について

■注文後のキャンセル

当店では、不良品・誤配送を除き「イメージ違い」等、お客様のご都合によるご注文後のキャンセルは承っておりません。

■不良品・誤配送について

キャンセル・交換についての詳細はこちら

お問い合わせ

■よくあるご質問

よくあるご質問はこちら

■お問い合わせフォーム

営業時間 10:00~18:00(土日祝、夏季・冬季休業日を除く)

各種お問い合わせはこちら

注文照会・ログイン情報について

■ご注文内容の確認について

注文照会はこちら

■ID・パスワードをお忘れの方

ユーザーIDの確認・パスワードの再設定はこちら

TOP