詳しく検索

雑誌 いなか暮らしの本は、出版社 宝島社が発行する、いなか暮らしに関心のある人のための唯一の月刊誌です。
物件情報はこちら
  • 650万円
  • 480万円
  • 480万円
  • 千葉県南房総市和田
  • 新潟県魚沼市堀之内
  • 岡山県赤磐市
田舎物件業者一覧はこちら
  1. 2011年11月2日(水)発売!
  2. 定価780円
  3. お求めは全国の書店にて!
  4. 雑誌:01617-12
楽天ブックスで購入
Fujisan.co.jpで購入
年間購読のお申し込み
立ち読み
メールマガジン登録
いま編集部では「コンニャク温湿布」が話題です。今回、自然療法の大家・東城百合子さんに教わった“毒出し”のお手当ての効果がすごかったから。コンニャクを温めて肝臓や腎臓にしばらく当てると、あら不思議!豆腐やビワの葉のパワーもすごいです。ぜひご一読ください。

(田舎暮らしの本編集部:柳 順一)

田舎暮らしの基礎知識
都道府県別データINDEX
雑記帳に投稿

“働き盛り”も大丈夫!「安い借家」と「求人」を100セット紹介!

  1. 「田舎には、家も仕事もない…」。そう思い込んで、田舎暮らしをあきらめていませんか? そこで今回、各地の「安い借家&仕事セット」を100ご紹介します!安くて快適な自治体の定住促進住宅、話題の星野リゾートからは沖縄などのリゾート求人、至れり尽くせりの農林漁業の研修情報もあります。理想の住まいと仕事を見つけて、すぐに田舎暮らしを実現しましょう!

【綴じ込み付録】毎日入れる共同湯・公共湯充実!

  1. 「田舎に暮らすなら温泉のあるところ!」。そんな願いをかなえるべく、温泉達人に“お湯よし、人よし、暮らしよし”の三拍子揃った「住みたい温泉ベスト10」を選んでもらいました。冬はスキー、夏は菜園が楽しめる野沢温泉(長野)、行政の移住支援も厚い霧島温泉(鹿児島)、里山風景が残る伊豆の奥座敷・湯ヶ島温泉(静岡)など、各地で温泉三昧の田舎暮らしを送る移住者の様子もレポート。さらには、温泉自慢の21市町村から田舎家も紹介します。夢の温泉暮らしを実現しませんか?

移住者直伝、起業のコツも伝授!

  1. 島暮らしはとにかくハードルが高いと思われがち。実際就労の場が少なかったり、学校や病院などの施設が充分ではなかったりと決して条件は恵まれていません。しかし「ないなら自分でつくる」――そんなフロンティア精神が最大限に生かせるのが島の魅力のひとつでもあります。山口県周防大島、北海道利尻島、鹿児島県奄美大島に島の起業家たちを訪ね、起業のコツや成功の秘訣を伺ってきました。また全国のプチ島暮らしを体験できる施設、移住・定住者受け入れに積極的な島情報もご紹介します!
関連情報
TOP