宝島社公式ウェブサイト|宝島チャンネル

  • Twitterでつぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • この記事をクリップ!
  • ブログ転載
ファッション誌販売部数No.1
雑誌 いなか暮らしの本は、出版社 宝島社が発行する、いなか暮らしに関心のある人のための唯一の月刊誌です。
物件情報はこちら
  • 680万円
  • 260万円
  • 550万円
  • 茨城県鉾田市
  • 長野県長和町
  • 岡山県鏡野町
いなか物件業者一覧はこちら
  1. 2012年12月29日(土)発売!
  2. 定価780円
  3. お求めは全国の書店にて!
  4. 雑誌:01617-02
Fujisan.co.jpで購入
年間購読のお申し込み
立ち読み
メールマガジン登録
今月号は「日本でいちばん役に立つ!田舎暮らし入門」が綴じ込み付録です。田舎暮らしの夢は人それぞれ。農的な暮らしをめざす人もいれば、古民家暮らしに憧れる人、気軽に週末を田舎で過ごしたい人もいて、知りたいこと・すべきことが違います。そこで今回、人気&注目のスタイルごとに田舎暮らし実現のための最新ノウハウをまとめました。夢をカタチにするコツを、ぜひつかんでください!

(いなか暮らしの本編集長:柳 順一)

いなか暮らしの基礎知識
都道府県別データINDEX
雑記帳に投稿

第1回 2013年度版 本誌総力取材

  1. 田舎暮らしを希望している人にとって、“理想の田舎探し”は最大の課題です。そこで今回、田舎暮らしで人気の94市町村を編集部が厳選し、7ジャンル70項目のアンケートを実施。自然環境、移住者歓迎度、支援制度の充実度、仕事、医療、子育て、介護、日常生活、交通など、あらゆる角度から「田舎の住みやすさ」を調査しました。そして、日本で初めてとなる「住みたい田舎」ランキングを発表! ぜひ移住地探しの参考にして、自分にピッタリの田舎を見つけてください。

田舎は温泉天国だ!

  1. 日本の田舎には、あちこちに温泉が湧いていて、まさに“温泉天国”です。そこに住むことで、地元の人が大切に管理している共同湯に入ったり、近場の名湯をめぐったり、自宅の温泉で存分にくつろぐこともできます。今回は、温泉の町に移住した人たちが自身の温泉ライフを案内するほか、温泉の達人・飯出敏夫さんがおすすめの温泉地をセレクト。さらに温泉付き物件の探し方もレクチャー。温泉三昧の田舎暮らしを実現してください!

炭の名人が早い、確実、長持ちの極意を伝授

  1. かつて家庭用燃料の主役だった木炭。環境に優しく経済的で便利なところが注目され、近年人気が再上昇中です。今回は、たった2分で着火できる「西岡流火おこし術」を老舗燃料店に聞いてきました。使うのは新聞3枚とマッチ、炭70g程度だけ。わずか2分で火がつく驚きの着火法を伝授します。炭は着火に時間がかかって難しい、と敬遠している人はぜひこの機会に覚えてみてください。
関連情報

ページトップへ

メールマガジンのご登録

Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.