詳しく検索

雑誌 いなか暮らしの本は、出版社 宝島社が発行する、いなか暮らしに関心のある人のための唯一の月刊誌です。
物件情報はこちら
  • 580万円
  • 600万円
  • 390万円
  • 栃木県那須町
  • 長野県松本市安曇
  • 茨城県鉾田市
いなか物件業者一覧はこちら
  1. 2012年12月3日(月)発売!
  2. 定価780円
  3. お求めは全国の書店にて!
  4. 雑誌:01617-01
楽天ブックスで購入
Fujisan.co.jpで購入
年間購読のお申し込み
立ち読み
メールマガジン登録
クラインガルテンはドイツ語で「小さな庭」という意味の「滞在施設付き市民菜園」。本誌独自調査で、全国の89施設の募集情報を紹介します。年額8万5000円の施設も! 来年春こそ、思い存分、菜園生活を満喫してください!

(いなか暮らしの本編集長:柳 順一)

いなか暮らしの基礎知識
都道府県別データINDEX
雑記帳に投稿

働きざかりも田舎へGO!

  1. 働きざかりに田舎に飛び込んだ人は、ハツラツとしていることが多い。それは自然や地域と寄り添い、人間らしく働いている人が多いから。だから働きざかりも田舎へGO! 田舎で「これこそが私の仕事だ!」と思える「天職」を見つけるヒント、方法をお知らせします。

首都圏近郊の穴場の田舎

  1. 「東京に近い“いい田舎”を知りたい」という読者の声にお応えして、人気4県(千葉、長野、静岡、群馬)の穴場の田舎をご紹介! 環境もよくて、役場のサポートも充実、そしてアクセスも抜群。そんな、今まであまり紹介してこなかった注目のまちをセレクトしました。自分たちの手でバラ園をつくりあげた君津市のご夫婦、静岡の山奥で元気に暮らす9人家族など、先輩移住者4組のエピソードは今後のお手本となること間違いなしです。

達人の焚火術

  1. 田舎ではストーブやかまど、囲炉裏など、今も生活の中で火を焚く機会は多いが、初心者にとって火を焚くことは意外に難しいもの。今回は基本となる火つけ方法からちょっと変わった焚火方法まで、焚火のコツを伝授。焚火は正しい手順を踏めば、暖や明かりのほか、キャンプにも応用できる便利なものです。生活と切っても切れない「火」を楽しみましょう。
関連情報
TOP