• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 検索結果

検索結果

前へ

検索結果 358 件

12345678910

次へ

宝島社文庫

京の縁結び 縁見屋(えんみや)の娘

著者:三好昌子
価格:本体650円+税
2017年03月 4日発売
『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ  2017年 第15回 『このミステリーがすごい!』大賞 優秀賞受賞作 文庫オリジナルで鮮烈デビュー! 「縁見屋の娘は祟りつきや。せやさかい、二十六の年に死ぬ」 天明の時代。京の口入屋の娘・お輪は謎の修行者・帰燕と祟りを祓おうとする。 だがそれは、京を呑み込む災禍と繋がっていた。

宝島社文庫

県警外事課 クルス機関

著者:柏木伸介
価格:本体650円+税
2017年03月 4日発売
『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ 2017年 第15回 『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞受賞作 文庫オリジナルで鮮烈デビュー!“一人諜報組織・クルス”VS.“北”の暗殺者 違法捜査もいとわない公安警察・来栖惟臣(くるす これおみ)と、祖国に忠誠を誓う冷酷な殺人鬼・呉宗秀(オ・ジョンス)。 大規模テロをめぐり、二つの“正義”が横浜の街で激突する!

宝島社文庫

5分でほろり! 心にしみる不思議な物語

著者:『このミステリーがすごい!』編集部 編
価格:本体640円+税
2017年02月23日発売
『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ 5分に一度、あなたの心に感動が届く。 超ショート・ストーリー傑作選 『さよならドビュッシー』中山七里、「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズ佐藤青南、『完全なる首長竜の日』乾緑郎、「スープ屋しずく」シリーズ友井羊などのほろりとする25作品を収録!

宝島社文庫

F 霊能捜査官・橘川七海

著者:塔山 郁
価格:本体630円+税
2017年02月 7日発売
『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ 奇怪さに総毛立つ。 白濁した瞳の聲を聞け!『サイコメトラーEIJI』『金田一少年の事件簿』原作者 樹林 伸 霊が真実ばかりを語りそれが事件解決につながる。そう思ってこの本を手に取った読者は驚愕することになる。 TSUTAYA 三軒茶屋店 栗俣力也 迷宮入り事件を解決に導くのは、女刑事と「霊の聲(こえ)」

宝島社文庫

天才株トレーダー・二礼茜 ブラック・ヴィーナス

著者:城山真一
価格:本体680円+税
2017年02月 7日発売
第14回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作 このヒロインはカネの本質を知っている 堀江 貴文 依頼人の「もっとも大切なもの」と引き換えに大金をもたらす、黒女神の目的とは――。

宝島社文庫

警視庁捜査二課・郷間彩香 ハイブリッド・セオリー

著者:梶永正史
価格:本体630円+税
2017年02月 7日発売
『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ ドラマ化で話題、シリーズ最新作! 墨田区長の汚職疑惑は真実か否か。 捜査を始めたアラサー女性刑事“電卓女”は、不可思議な事件に巻き込まれていく―― 文庫書き下ろし!

宝島社文庫

殺人はお好き?

著者:小泉喜美子
価格:本体640円+税
2017年01月27日発売
『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ 王道かつ洒脱な探偵物語 これぞ、オトナのミステリー! ――若竹七海『静かな炎天』著者(文春文庫) 『このミステリーがすごい! 2014年版』「復刊希望! 幻の名作ベストテン」ランクイン! オシャレなどんでん返しにびっくり! ポップな極上エンタメが復刊

書籍

がん消滅の罠 完全寛解(かんかい)の謎

著者:岩木一麻
価格:本体1380円+税
2017年01月12日発売
『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ 2017年 第15回『このミステリーがすごい! 』大賞 大賞受賞作 治るはずのないがんは、なぜ消滅したのか―― 余命半年の宣告を受けたがん患者が、生命保険の生前給付金を受け取ると、その直後、病巣がきれいに消え去ってしまう――。 連続して起きるがん消失事件は奇跡か、陰謀か。 医師・夏目とがん研究者・羽島が謎に挑む! 医療本格ミステリーの傑作が誕生! 辛口の選考委員たちが口をそろえて絶賛 史上最高の医療本格ミステリー。こんなとんでもない謎を正面に掲げるとは前代未聞、大胆不敵。 大森 望(翻訳家・書評家) まったく見当のつかない真相。 謎の設定がとにかく素晴らしい。 香山二三郎(コラムニスト)……etc.

宝島社文庫

神の値段

著者:一色さゆり
価格:本体630円+税
2017年01月11日発売
『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ 第14回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作 「値段を決めるのは画商なのか、魔(マ)ーケットなのか まだ見ぬ世界へようこそ」久米 宏 推薦 人前に姿を見せないインクアートの大家、川田無名。 そのただ一人の取引相手、唯子が殺害された――。 現役学芸員が描くアートサスペンス!

宝島社文庫

美術鑑定士・安斎洋人 「鳥獣戯画」空白の絵巻

著者:中村 啓
価格:本体630円+税
2016年12月15日発売
『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ 「鳥獣戯画」の未知の断簡の出現を軸に、繰り拡げられるサスペンス劇。 ――上野憲示(「鳥獣戯画」研究家・文星芸術大学学長) 「鳥獣戯画」に関わった人間が次々と命を落とし、謎の絵巻の真実に天才鑑定士が挑む。 日本美術が生み出した、解き明かされぬ最大のミステリー。 カバーを裏返すと特製ブックカバーに!

前へ

検索結果 358 件

12345678910

次へ



ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.