詳しく検索

  1. 減税効果もあり、マンションのモデルルームの訪問客は激増している。しかし、その一方で、低価格をうたい文句に、欠陥を抱えた中古物件が出回ったり、不景気で手抜き工事のマンションも出ている。そして、素人にはわからない、様々な落とし穴が不動産には潜んでいるという。そこで、減税効果をより生かすためにも、一生の買い物のマンションや戸建てでババを引かないためにも、住宅情報誌では絶対書かれない真実をお伝えしよう。もう買ってしまった人には、夏最後の「不動産の“怖~い”話」だ。
  1. 「月刊 宝島」 2009年10月号
  2. 2009年8月25日発売!
  3. 特別定価480円
  4. お求めは全国の書店・
    一部コンビニ駅売店で!
  5. 雑誌:06065-10
立ち読み
Amazonで購入
メールマガジン登録
大特集は「不動産の怖~い話50」。住宅情報誌では絶対書かれないマンション・戸建ての落とし穴を50も紹介。これから買おうと思っている人はもちろん、買ってしまった人も必読。第二特集は「日本を駄目にした人と政策」。郵政民営化、派遣法、ゆとり教育などなど、近年様々な悪法が、美名のもと実施されたが、どれひとつ私たちの生活を豊かにしていない。そんな政策とそれを推進した人をレポート。その他にも、「全国都道府県別住み心地ランキング」や、「シャバより天国!?民間刑務所の実態」などの小特集。「真夏のロックフェス」「美人ジョガー大図鑑」などのグラビア記事、も大充実。そして注目は、スクープ記事。「中国人があなたの上司になる日」は、いま増えつつあるホワイトカラーの留学生の実態を追った。「抗うつ薬SSRIが原因か!? 多発する殺人事件の真相」では、抗うつ剤の持つ危険性を徹底検証。ますます充実する宝島、目が離せません!
(『宝島』編集長、小林大作) 
  1. 「勝とうとしただけ」男子100m走で世界新記録を出し、レースプランを訊かれてウサイン・ボルト選手
  2. 浅川博忠の「永田町観測所」Vol.27 ついに引退!!「河野・小泉」の因縁エピソード
  3. ニュースな顔面運 夏目三久
  4. 夏原武の現代サギ師百景 vol.19 コシ・トラスト事件
  5. ネットの世界のヤバイ人々vol.19 「妊娠中絶」した美少女JKとリアルな関係に発展した結果……
  6. 「ベテラン秘書」の憂国座談会 永田町の夜は更けて今月のお題 政府与党VS霞ヶ関対決の行方
  7. 人生カネ転び八起き第六回 競売の危機からマイホームを守る方法
  8. 健康クローズアップvol.25 椎間板ヘルニアは手術しないで治す!

「廃線」のある風景

  1. 日本でも古くから存在した鉄道趣味。しかし近年は、鉄道ファンも多種多様に細分化している。たとえば、列車に乗り旅することが趣味の「乗り鉄」、鉄道写真を撮ることが好きな「撮り鉄」、走行風景の録画を楽しむ「録り鉄」、切符や乗車券を収集する「集鉄」などがいる。そして、廃止直前の路線や廃止後の路線跡を楽しむファンも増えている。一部では「葬式鉄」とも呼ばれている。道路網の整備等による利用者の減少、または経営状況の悪化などに伴い、日本全国に約600路線の廃線(一部廃止も含む)が存在する。その廃線跡には、かつて鉄道が走っていたことが想像できないような場所もあれば、周囲とは不釣合いな鉄道遺産が残る場所もある。本特集では、いまも運行当時の面影が残る路線をいくつか取り上げてみた。
詳しくは本誌をご覧ください!

地方競馬場 昭和遺産探訪

  1. 一周1200メートルの小さなダートコースを馬群が駆け抜ける。ホームストレッチに入った馬たちは騎手にムチ打たれ、砂を巻き上げて必死にもがき、ゴールへ!だが、スタンドから湧き上がる歓声や拍手はほとんど聞こえない。そもそも観客の姿が少ないのだ。ここは浦和競馬場。さいたま市浦和区にあるひなびた地方競馬である。特殊法人のJRAが主催する中央競馬に対して、地方自治体が運営する競馬を地方競馬(公営競馬)という。現在、日本全国に16ヵ所の専用競馬場(兼用、ばんえい専用を含むと18ヵ所)があり、県や市などが組織した競馬組合の主催で、ローカル色豊かな競馬が行われている。

詳しくは本誌をご覧ください!
関連情報
TOP