詳しく検索

  1. 実録とデータで送る怖い話。子供の飛び降り事故が多発する高層マンション。マンション屋上にたつ「携帯基地局」が引き起こす体の不調。地震で折れるタワーマンション。意外にかかる管理費、修繕費。窃盗のプロが狙いやすいマンション。地滑りが起こりやすい戸建て。建物が建てられない複雑な周辺道路などなど。タップリ怖い話をレポートします。データは首都圏マンション下落率一覧。あなたの街はどうなっているのか。チェックしてください。
  1. 「月刊 宝島」 2010年3月号
  2. 2010年1月25日発売!
  3. 特別定価480円
  4. お求めは全国の書店・
    一部コンビニ駅売店で!
  5. 雑誌:06065-03
立ち読み
Amazonで購入
メールマガジン登録
大特集は『不動産のもっと怖い話』、昨年の10月号で大反響だった『不動産の怖~い話50』をよりグレードアップしてお送りします。第2特集は『09年アナリストランキング』。昨年一年間を通して、いちばん当たったアナリストが、今年の推奨株を紹介します。株に興味のある方は必読です。巻頭のニュース特集は『小沢一郎のカネと野望』。元秘書の逮捕で激震する政界ですが、小沢が次に狙う利権は何か、その全貌を明らかにしています。対談では香山リカと湯浅誠。貧困が身近になった社会での生き方を問います。また、グラビアは『バンクーバー五輪の美女たち』と『アジアのアイドルグループ』。特にアジアでは日本のモー娘。をパクったアイドルが、韓国、中国、台湾、タイで大人気。ひと目見てやってください。それから、ひとつ忘れていました。あの宝島の名物連載「VOW」がついに完全復活。笑ってやってください。
(『宝島』編集長、小林大作) 
  1. 新連載 本当に帰ってきたVOW
  2. 昭和遺産探訪 第18回 横浜おでん横丁~立ち退きと闘い60年~
  3. 新連載 読むだけですっきりわかる“平成史” 平成元年(1989年)
  4. 前田知巳「今月の言葉への言葉」 『ハハハ、勝ったと思ったよ』 横綱・朝青龍
  5. 浅川博忠の「永田町観測所」vol.32 新“一・一ライン”誕生か 「要一」が「一郎」にラブコール!?
  6. 夏原武の現代サギ師百景 vol.24 名義貸し詐欺
  7. ネットの世界のヤバイ人々 vol.24 「こころの病」を抱えた者はネット時代に何を求めるか
  8. マーケットの秘密を暴く!兜町(裏)トーク 未だ尾を引くドバイショック 次はどの国か?

隠れた秘湯は近場にあり! 都会の秘湯

  1. 秘湯とはいったいどんな湯なのか?秘湯の一般的なイメージはこんなところだろうか。電車に何時間か乗り、バスに最低1時間は揺られて、そこから歩いてやっと辿り着く。周りは山に囲まれている一軒宿。風呂は当然露天風呂、そばには清流が流れていて、車の音などはもちろん聞こえず、聞こえるのは蛙の鳴き声か、夏ならひぐらしの鳴き声くらい。あとはときおり吹く風の音くらいだろうか。いい感じ。書いているだけで行ってみたくなってしまう。しかしである。「秘湯」を文字通り読み解くと、秘密の湯が秘湯である。とするなら秘湯は秘密なので、あまり世間には知られてはいない。当然ながら客もあまり来ないという、一見、寂れたような雰囲気が漂う。人気がないというわけではないが、ないような風にも見える。そして別に山奥でなくてもいい。秘密の湯は都会にあってもいいのである。その都会近くの秘湯発見の旅に出る。  詳しくは本誌で!

歓楽街探訪問 伝説の“NK流”を生んだ風俗街 埼玉・西川口の「斜陽」と「再生」

  1. かつて西川口は、風俗産業の魔城だった。JR京浜東北線の駅のホームから西口を眺めると、極彩色の看板が毒花のようにまたたき、刺激的な店名が百花繚乱に渦巻いていた。
    駅出口の目の前に風俗ビルが密集し、料金の安さと女のコのレベルは他地域を完全に圧倒。なによりNK流=西川口流と呼ばれたピンクサロン(ピンサロ)での本番サービス伝説を聞きつけ、遠く離れた地方からマイクロバスで客が押し寄せるまでの狂乱が、埼玉県南部の一都市にわき上がったのである。
    今からちょうど10年前、2000年代初頭の出来事だった。しかし今、西川口にかつての熱気はない。雑居ビルから風俗店が一掃され、テナントが埋まらないまま無人の寒々しい姿をさらしている。
    詳しくは本誌で!

関連情報

ページトップへ

メールマガジンのご登録

Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.