HOME > 宝島 > 2014年8月号

タブーに斬り込む知的探求マガジン

2014年8月号

定価:

600円(税込)

2014年6月25日 (水) 発売

お求めは全国の書店・コンビニにて

JANコード:4910060650847

Fujisan.co.jpで定期購読

外部サイト(Fujisan.co.jp)へリンクします。

今月号の特集

  • 総力特集
    メディアが絶対に触れない!!
    夏の闇に封印された「真相」大全!
    日本「黒タブー」白書
    決して触れてはならぬ「サンクチュアリ」。さまざまな事情から表に出ることが許されなかった業界の裏事情を一気に放出。W杯から事件、芸能、スポーツまで、硬直した日本メディアの急所を撃つ、クールな夏の大特集!
  • 特集2
    ASKA覚せい剤事件で露見した
    パソナ商法その錬金術と怪人脈
    ASKA容疑者と栩内(とちない)香澄美容疑者の出会いの場として有名になった「仁風林(にんぷうりん)」。パソナ南部靖之代表が接待などに利用する〝迎賓館〞である。この「仁風林」には、安倍首相をはじめ大物政治家が多数招待されていたという。なぜ、パソナは官庁からの仕事を多数受注できるのか。なぜ、政策提言できるほどの影響力があるのか。南部代表のビジネス手法を暴く。
  • 特集3
    金権体質に堕ちた山口組に解散迫る!
    元直系組長が自叙伝で公開した
    「山口組解散建白書」の衝撃
    暴排条例による包囲網、六代目の“頭脳”髙山若頭の収監決定。内憂外患に喘ぐ巨大組織に田岡三代目を知る元直系組長が、出直しの道を説いた!

宝島編集部から

今月号は2つの特集『日本「黒タブー」白書』『覇権国家「中国」ドロ船の内情』以外にも読みごたえのある記事が揃っております。まず菅直人元首相への独占インタビュー。喧々諤々の「吉田調書」を菅元首相はどう読んだのか。東電職員の「逃走問題」の真相は? 原発事故当時の官邸で何が起きていたのか? 菅氏が包み隠さず語っています。そしてジャーナリスト西岡研介氏による独占スクープ、「平安神宮に噴出した2億円トラブルと山口組暗躍の醜聞」。年間30万人以上が参拝に訪れる京都・平安神宮。「応天門」の西側にできる巨大商業施設を巡って泥沼の訴訟合戦が勃発。その“隠微な”舞台裏をレポートします。
その他にも『「パソナ商法」その錬金術と怪人脈』など独自記事が満載です。ぜひご覧ください。

月刊宝島編集長:宮川 亨

今月の連載&コラム

「時代の寵児たち」を追跡! あの人はいま

田中 美絵子(たなかみえこ)

WHAT’S UP NEWS

国連も推奨する「昆虫料理」 ゴキブリの味は……

  • あの美女と60分♥
    川口春奈
  • キーパーソンインタビュー
    都築響一 「僕の原動力は怒りと焦り」
  • 藤木TDC 昭和遺産探訪
    ポマード〜父の香りの整髪料〜
  • 短期集中連載
    半グレ化する老人たち
  • グラビア
    犬堂美乃梨、佐藤聖羅、小塚桃子、倉持由香
…etc.
TOP