がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方

宝島SUGOI文庫

がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方

著者:関本 剛
発売日:2022年1月8日
価格:770円(税込)

判型:文庫判
ページ数:256P
ISBN:978-4-299-02518-0

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • E-Mail

NHKが紹介 話題の書!

 

1000人のがん患者を看取った医師ががんになって初めて見えた風景

 

それでも、僕は仕事を続ける。

 

43歳、ステージ4、脳への多発転移――

 

1章 宣告

2章 医師の道へ

3章 死について思うこと

4章 生きてきたように

5章 最高の人生に向かって

 

 

人はなぜ生きるのか――。緩和ケア医として多くの終末期患者たちを看取ってきた40代の医師に下された「末期がん」の宣告。生存期間中央値のデータから、1~2年以内にも「その時」がやってくる可能性がある。患者たちと立場をともにしたとき、医師は初めて命の何たるかを理解した。「人間としてあるべき姿」について、今度は自分自身に言い聞かせ、それを体現しなければならない……。余命を意識しながら仕事と向き合い続ける医師が語った、「運命」の受容と抵抗のノンフィクション、待望の文庫化!

 

 

本書は、2020年9月に小社より刊行した単行本『がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方』を改訂、文庫化したものです。

 

 

【あわせ買い時の配送について】
予約商品と他商品を同時にお求めの場合、最も発売日の遅い商品に合わせての一括配送となります。
ご注意ください。別々の配送をご希望の場合は、お手数をおかけしますが、それぞれ個別にお買い求めください。

関本 剛(せきもと ごう) プロフィール

1976年兵庫県神戸市生まれ。関西医科大学卒業後、同大学附属病院、六甲病院緩和ケア内科勤務を経て、在宅ホスピス「関本クリニック」院長。緩和ケア医として1000人以上の「看取り」を経験する。2019年、ステージ4の肺がんと診断され、治療に取り組みながら医師としての仕事を続ける。

関本 剛 の他の作品

今すぐ購入

がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方

商品コード : TD025180

770円(税込)

電子書店で購入

がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方

電子版を購入する

  • Amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

こんな本はいかがですか?

この商品を見ている人はこちらの商品もチェックしています

通販ランキング

INFORMATION

配送・送料について

■送料について

1配送につき、ご注文金額が

2,000円(税込)以上の場合、送料無料
2,000円(税込)未満の場合、200円(税込)

送料についての詳細はこちら

■お届けまでにかかる日数

通常商品の場合、ご注文完了(コンビニ前払いをご利用の場合は、ご入金確認後)の翌日から約1週間前後でお届けいたします。
予約商品・メーカー取り寄せの場合、商品によって入荷時期が違うため、お届け日が異なります。詳細は各商品ページをご確認下さい。

■配送業者

  • ・ヤマト運輸
  • ・佐川急便
  • ・ゆうぱっくまたは郵便

お支払い方法について

■お支払い方法

  • ・クレジットカード払い
  • ・コンビニ前払い
  • ・NP後払い(コンビニ・郵便局・銀行)
  • ・Amazonペイメント
  • ※予約商品など商品によっては一部ご利用できない支払い方法がございます。
  • ※お支払い方法によっては別途手数料をご負担いただきます。

お支払いについての詳細はこちら

キャンセル・交換について

■注文後のキャンセル

当店では、不良品・誤配送を除き「イメージ違い」等、お客様のご都合によるご注文後のキャンセルは承っておりません。

■不良品・誤配送について

キャンセル・交換についての詳細はこちら

お問い合わせ

■よくあるご質問

よくあるご質問はこちら

■お問い合わせフォーム

営業時間 10:00~18:00(土日祝、夏季・冬季休業日を除く)

各種お問い合わせはこちら

注文照会・ログイン情報について

■ご注文内容の確認について

注文照会はこちら

■ID・パスワードをお忘れの方

ユーザーIDの確認・パスワードの再設定はこちら

TOP