• HOME > GLOW > 100年キレイを目指すなら…「ドモホルンリンクル」という選択
  • 女優 霧島れいかさん
    Domohorn Wrinkle × Aging Gracefully

    「100年キレイ」を目指すなら…「ドモホルンリンクル」という選択

    女性なら誰しもずっとキレイでいたいと思う。
    でも無理するのではなく、できればゆるっと優雅に。
    生涯基礎化粧品として肌に寄り添うドモホルンリンクルなら
    「100年キレイ」の願いをきっと叶えてくれる。

    ドモホルンリンクル 無料お試しセット お申し込みはこちら

    素肌に自信が持てれば、もっとキレイを目指せる

    人生100年時代と言われる昨今、「長生き」より「健康な体」、美容においても「若返り」ではなく「キレイに年齢を重ねたい」と、女性たちの意識が変わってきている。それにより、肌との向き合い方や化粧品選びにも、少しずつ変化が生まれているようだ。そんな女性たちを応援するために、ドモホルンリンクルとGLOWが開催したイベントが、「100年キレイミュージアム」。

    もともとGLOWが掲げるエイジンググレイスフリー「わたしらしく輝く」に賛同し、同メッセージと軌を一にする今回のイベントのトークショーに登壇したのが、女優の霧島れいかさん。年齢に抗わずに美しく時を重ねていきたいと考える女性のひとりとして、次のように話す。
    肌がキレイってとても大切なことだと思います。調子が悪いと、どう隠そうといつもより余計にファンデーションを塗り、結果としてパサつき、ツヤのない老けた顔に仕上がってしまう。逆に肌の調子がよければ、素顔に自信がもてるから、自分らしい姿、まさに“わたしらしく輝く”ことができるはず」

    そんな霧島さんが手に取るのは、すべての人の「100年キレイ」を応援する生涯基礎化粧品ドモホルンリンクルの「クリーム20」。漢方の製薬会社ならではの、漢方発想とサイエンスから誕生した名品だ。
    漢方発想に基づき選ばれた植物が原料というだけで信頼感を持てます。しかも45年前のブランド誕生時より、得られた知見に基づく進化と深化を繰り返し、常にベストを尽くそうとする姿勢が頼もしいです」

    100年キレイを目指すなら、肌にずっと寄り添ってくれる伴侶がほしいもの。
    「健康でいるために体を鍛えるように、自分自身で輝くために肌には手をかけたい。肌本来の力を引き出す化粧品を選びたいので、うれしい出合いでした」

    ※「100年キレイ」: 商標登録出願中

    漢方発送×サイエンス “まずは「基本4点」で「100年キレイ」を後押し”

    ベタベタしないで肌にすっとなじみ、しっとり仕上がる。
    肌にぴたっと吸い付くテクスチャーのとりこ。肌もつややかに。
    クリームを護るように最後に蓋をして、肌を整えてくれる。
    キメが整うせいか、なめらかで、一点の曇りもない印象に。

    ドモホルンリンクルは全8点のラインナップで、肌の持つ本来の力に着目したシンプルかつ独自の製品設計。
    まずはその中から日々のベーシックケアで肌体力を養う「基本4点」を試してほしい。
    肌が根本から健やかに導かれる漢方設計の“本物感”、そして毎日使える“安心感”を感じられるはず。

    保湿液

    天然保湿成分だけで24種類もの成分が肌をすみずみまで潤わせる。とろみのある感触で、手のひらが吸い付くほどの肌の満ち足り感を感じる。120mL 5000円

    ※角層深部

    美活肌エキス薬用美白

    「巡り」に着目した、新発想のしみアプローチ。明るさを引き出し、健康的な肌に。[医薬部外品] 販売名:ドモホルンリンクル薬用美白エキスg 30mL 1万円

    ※美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐことです。

    クリーム20

    1974年の初代クリームから改良を繰り返し到達した18代目。コラーゲンを始め、独自原料全種を配合し、ハリとツヤのある肌に導くためのすべてが凝縮した一品。30g 1万3000円

    ※保湿・ハリを与える成分として。

    保護乳液

    お手入れの最後に使うことで、潤いや肌に与えた成分をしっかり行きわたらせ、肌のバリア機能として整える。「閉じ込める」と「護る」両方の働きを持つ製品。100mL 5000円

    8品揃えば、さらに全方位ケアに!

    基本4点」でその実力を実感したら、あらゆる悩みに全方位で対応するため、洗顔系の「準備3点(化粧落しジェル 110g 5000円、洗顔石鹸 110g 5000円、泡の集中パック)」と「日中ケア(光対策 素肌ドレスクリームSPF50+PA++++ 25g 5000円)」にも注目して。ワンランク上の隙間ないケアが可能に。もちろん、1品ずつお気に入りを増やして、さらなるキレイを目指しても!

    「基本4点」+αとしてコレもお気に入り!
    肌に密着する泡だから、ほんのり肌が温かくなる。TV鑑賞などの「ながらケア」にも向いています。

    泡の集中パック

    有用成分をたっぷり含んだ濃密な泡で、保湿・ダメージオフ・エネルギーチャージができる高機能パック。洗顔後の清潔な肌の上に。目もと、口もとぎりぎりまで使える。80g 1万2000円

    霧島れいかさんも登壇した、2019年4月東京・青山で開催されたイベントには
    「100年キレイ」のためのヒントが盛りだくさん!
    美しく豊かに生きる「人生100年時代」を応援する様ざまなコンテンツをレポートします!

    ドモホルンリンクルpresents「100年キレイミュージアム」イベントレポート その世代だけが持つ「キレイ」でずっと輝く!

    美しく年齢を重ねたい、すべての女性をサポート

    生涯基礎化粧品であるドモホルンリンクルの使命は、年齢を重ねていく女性の肌が本来の美しさを呼び覚ますお手伝いをすること。人生100年時代、すべての人がこの先もずっと「100年キレイ」でいられるよう応援したい。そしてGLOWが提唱する「エイジンググレイスフリー(前向きに年齢を重ねていくこと)」がまさに共通理念であったことから、今回のコラボイベント「100年キレイミュージアム」が実現しました。

    新元号を迎える直前、過去のキレイを振り返り、未来のキレイについて考える様ざまなコンテンツを用意。また、代表的な肌悩みである“しみ・しわ”にちなんだ記念日を制定。改めて自分の肌に向き合う大切さに気づく機会をつくりたい、というメッセージが込められています。

    制定された、4月3日「ドモホルンリンクルしみキレイの日」~
    4月8日「ドモホルンリンクルしわキレイの日」の限定開催!

    Entrance

    和漢原料カプセル×生花
    インスタ映えの撮影スポット

    会場入り口では、透明のカプセルに詰めたドモホルンリンクルの和漢原料をアクセントにした日比谷花壇プロデュースの生花ディスプレイがお出迎え。華やかな演出で一気に気分上々!

    和漢原料カプセル×生花インスタ映えの撮影スポット

    年表で振り返る
    美女史と女性美100年

    化粧文化研究家の山村博美さん監修による、元号をベースにした「時代を華やかに彩った美女史」と「大正から平成までの女性美100年史」のパネル展示。各時代の美の基準を改めて見つめ直す好機に。

    往年の銀幕スターから平成の歌姫まで網羅!

    Food & Drink

    会場でしか味わえない
    幻の美容セットメニューが好評

    世界三大美女がそれぞれ好んで摂っていたと伝わる食材からインスピレーションを得たオリジナルドリンクと、再春館製薬所の研究で見出された、しみやしわを抑制する効果があるとされる「不知火菊(しらぬいぎく)」を使ったスイーツを、料理家のSHIORIさんが監修。過去の美とこれからの美の象徴として来場者に振る舞われました。

    クレオパトラ 美の秘訣はバラローズベリーソーダ 小野小町 美の秘訣はハチミツ 抹茶ハチミツスムージー 楊貴妃 美の秘訣は白キクラゲ 「白キクラゲとライチソーダ」 幻の花「不知火菊(しらぬいぎく)」の茶葉を使用した特性「令和クッキー」

    Touch & Try

    肌体力を知る+
    ドモホルンリンクルを実感!

    カウンセリングとともに使い方を丁寧にレクチャー。また肌体力診断コーナーでは、ハリ肌のポテンシャルがわかる真皮中のコラーゲン密度を計測。その結果に皆、大興奮!

    弾力とハリは肌のコラーゲン密度で決まります。興味はあったけど、実際に使ったのは初めて!
    ドモホルンリンクル 無料お試しセット お申し込みはこちら

    エイジンググレイスフリーを体現する多彩なゲストによるトークセッションも!

    Special Talk

    これからのキレイをつくるヒント満載の必聴トーク

    イベント開催期間中、本誌ゆかりの豪華ゲスト陣によるスペシャルトークショーが開催されました。女優の原沙知絵さん、霧島れいかさん、著述家の湯山玲子さん、会場で提供されたドリンクやクッキーをプロデュースされた料理家のSHIORIさんが、それぞれに考える「美しさとは何か」や「年齢を重ねていく中での変化」「明るく前向きに生きるための心の持ちよう」「新時代の美の基準」などについて語ってくださいました。

    トークゲストの皆さんの飾らない言葉の数々は、来場者の心にダイレクトに届いたはず。まさに未来のキレイを育むヒントに満ちた贅沢なひと時でした!

    Guest01 女優 原沙知絵さん

    昨年末まで約2年間、オーストリアを拠点に生活されていた原さんは、日常に緩急をつける大切さを学んだそう。

    「頑張り過ぎない自分なりの生き方を大切に」

    女優 原沙知絵さん
    心地よく生きるにはオン&オフの切り替えが必須

    Guest02 料理家 SHIORIさん

    ここ数年ヴィーガン料理に取り組んでいるSHIORIさん。

    「日々の肌のお手入れに加え、日頃食べているもの、人生の充実度がその人の美しさ、輝きに結びつくはず」

    料理家 SHIORIさん
    美しい肌は、すこやかな体があってこそ

    Guest03 著述家、プロデューサー 湯山玲子さん

    「人生に対する執着を大事に、一生現役で生きていきたい」と力強く語った湯山さん。

    新時代の美の基準は、すべてをさらけ出し過ぎないミステリアスな女性と予想。

    著述家、プロデューサー 湯山玲子さん
    令和の時代はミステリアス美人が注目されそう

    Guest04 女優 霧島れいかさん

    映画鑑賞が趣味で、古い映画からインスパイアされることが多いという霧島さん。

    「感性を刺激され、生き方のヒントを得ることも。昔を大切にして、新しい時代につなげていけたら」

    女優 霧島れいかさん
    過去の時代からいい刺激を受けて未来につなげたい

    Gift

    来場者へのお土産は、さっそく「100年キレイ」に役立ててほしいというメッセージが込められた、優しい香りの特製ハンドクリーム。

    ギフトは非売品のハンドクリーム
    [ドモホルンリンクルの公式サイトはこちら] page_top