HOME > 田舎暮らしの本 > 2013年9月号

人生がもっと豊かになる!

田舎暮らしの本 2013年9月号

定価:

780円(税込)

2013年8月3日 (土) 発売

JANコード:4910016170931

今月号の特集

  • 特集1
    「移住したい都道府県」No.1の長野県を徹底研究!
    徹底特集 人気一番!
    信州に住む
    本誌愛読者はがきによる「移住したい都道府県」ランキングで長年1位をキープする信州・長野県。アルプスのダイナミックな山々や、清冽な湧き水、美しい田園風景、新鮮な高原野菜に、歴史と文化の香り漂う城下町や宿場町――。信州には人を引き付けるさまざまな要素が揃っています。エリアによって、気候や生活環境、文化も大きく違います。だからこそ、暮らし方、楽しみ方は十人十色。本特集では信州の注目31市町村の最新情報を集めました。じっくり研究してください!
  • 特集2
    綴じ込み付録
    豪華2本立て
    田舎移住のためのお役立ちランキング
    1)「住みたい温泉地」ベストランキング
    2)西日本の田舎移住お助け団体44
    日本の田舎はいいとこだらけ。「目移りして決められない!」と悲鳴が上がります。そこで今回、編集部では、「温泉」「サポート」の2点に注目してアンケートを実施しました。ぜひお役立てください!
  • 特集3
    就農支援もますます充実!
    今こそ農家になろう【東日本編】
    資金や技術の習得など、農家になるためのハードルはいくつもあります。しかし国や自治体などが支援制度を整備しつつある今ほど農業に参入しやすい時代もありません。50代から農業に転じた移住者や、未経験者からでも1年で独立できるだけの技術を実につけられる農業学校など、農業の世界へ飛び込むために背中を押してくれる事例をリポート。東日本で注目の23市町村の農業支援制度も一挙に紹介します。

いなか暮らしの本編集部より

ここ数年、民間の「田舎暮らしお助け団体」が急増しています。移住相談、家探しや仕事探し、なかには引越しのお手伝いをしてくれる団体も! 今月は西日本の団体44を一挙にご紹介します。田舎移住の新たな道が開ける特集です。ぜひご覧ください。

編集長:柳順一

今月の雑誌付録

TOP