詳しく検索

  1. 本当に怖い女が増えてきました。戦々恐々の毎日をおくる男性諸氏に、またまた恐怖の実録ものです。認知症の姑に介護虐待を繰り返す鬼嫁、教師も震える虐待ママ、逆パワハラで、上司を食いものにするキャリア志向ウーマンなどの隣の怖い女。そして、裁判傍聴のプロが見た事件を犯した女の習性、マンガ・女囚の一日、女詐欺師の実態など事件の女。大きく二部構成で送ります。あなたの鬼妻や女性鬼上司が優しい女性に見えてしまう“怖い女たち”です。
  1. 「月刊 宝島」 2010年6月号
  2. 2010年4月24日発売!
  3. 特別定価480円
  4. お求めは全国の書店・
    一部コンビニ駅売店で!
  5. 雑誌:06065-06
立ち読み
Amazonで購入
メールマガジン登録
巻頭特集は明治大学。受験者数で早稲田大学を抜いて日本一に輝きました。その実力はどこからくるのか、徹底取材しました。つづいて木村拓也の追悼記事。広島国際学院大学教授で、宝島社から『前田の美学』を上梓している迫勝則氏による、巨人軍だけでない木村拓也が描かれています。巨人ファンだけでなく、広島ファンも必読です。大特集は“怖い女”これは今月の大特集を参考にしてください。実用記事もますます充実しています。資産運用には、日経平均を超えて急上昇する中小型株の銘柄40、早いもの勝ちです。食通には芸能人が教える15分で出来るカンタンおつまみレシピ。そして、アナログオヤジのためのこっそり補習の「ビジネスIT講座」など。絶対得する特集です。ほかにも、グラビアは「ブレイク寸前、業界別美人姉妹」。記事には「ミシュラン店が続々閉鎖」、「韓国・統一教会の金満宗教タウン」などなど、超強力ラインナップです。
(『宝島』編集長、小林大作) 
  1. 前田知巳「今月の言葉への言葉」 『しゃーないですね』 亀田興毅
  2. 新 VOW やっと誌面になじんできましたか?浮いて浮いて浮きまくれ!!
  3. 浅川博忠の「永田町観測所」 vol.35 中央政界が頼りにする「人気3知事」の思惑
  4. ニュースな顔面運 vol.14 沢尻エリカ
  5. 夏原武の現代サギ師百景 vol.27 急増する弁護士の詐欺
  6. ネットの世界のヤバイ人々 vol.27 最低はゼロ、最高は20万円 ウリの「価格」は気分次第
  7. ベテラン秘書の憂国座談会 永田町の夜は更けて vol.27 バラエティー番組よりも笑えるセンセイ方
  8. マーケットの秘密を暴く!兜町(裏)トーク 日本国家は果たして本当に破綻するのか
  9. 伊藤隼也が行く!ニッポンの医療現場 第6回 小さないのちを守る“NICU”の実態 新生児科医不足を解消する取り組み

盗難、偽造、マナー違反が急増中!! 「オタク」の突然変異種、出現!過激化する『ネオタ』たち

  1. 撮影のために身を乗り出し電車を止める「撮り鉄」、事故ではしゃぐ「プロレスオタク」……。最近の「オタク」たちはどこかおかしい!突然変異種と呼べる彼ら「ネオ・オタク=ネオタ」たちは、いったいどこへ向かおうとしているのか?2月14日、JR西日本のお座敷列車「あすか」を撮影しようとした撮り鉄(撮影を目的とする鉄道ファン)たちが線路内に入り込み、制止した職員との間でトラブルが発生。ダイヤは大幅に乱れ、全国的にも大きく報道された。さらに3月12日には、廃止になる「北陸」「能登」が発車する上野駅で、再び撮り鉄と警備職員が衝突。制止しようとするファンや、逆に事態を煽る「罵声鉄」が入り乱れ、パニック状態となった。…

    続きは本誌で!

蒼あんな(姉、22歳・右)
蒼れいな(妹、22歳・左)

小林麻耶・麻央を超える極上姉妹に会いたい…… 業界でウワサの「美人姉妹」を探せ!!

  1. 姉妹タレント、姉妹スポーツ選手にスポットライトが当たることが多い昨今。小林麻耶・麻央姉妹を超える美人姉妹は存在するのか。独身アラフォーライターが、各業界でウワサの美人姉妹を求め駆けずり回った。その成果は?…

    続きは本誌で!

404 Not Found

Not Found

The requested URL /api/booklist/ was not found on this server.

TOP