• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 別冊宝島2473 箱根駅伝は「マラソン日本」の危機を救えるか

別冊宝島

別冊宝島2473 箱根駅伝は「マラソン日本」の危機を救えるか

五輪代表がいなくなる!? 選出難航の謎

広がり続ける世界との差 更新されない日本記録

箱根駅伝から
将来のメダリストは生まれるか

 提言1  生島 淳(ジャーナリスト)
 提言2  瀬古利彦(DeNAランニングクラブ総監督)
 提言3  二宮清純(スポーツジャーナリスト)

日本長距離界は組織から変えよ
 提言4  上野広治(日本水泳連盟2020強化本部長)
 提言5  近藤隆夫(スポーツジャーナリスト)
 提言6  渡辺康幸(住友電工陸上競技部監督)

……etc.

日本男子マラソン界の危機が騒がれて久しい。世界で戦える選手が育たない――いまや国民的行事となった「箱根駅伝」は、日本男子マラソン界の危機を救えるのか?多くの論者と他競技の改革例などから、この命題に迫る一冊です。

こんな本はいかがですか?

TJ MOOK

定価:本体552円+税

購入

書籍

著者:別冊宝島編集部 編
定価:本体1000円+税

購入

別冊宝島

定価:本体1000円+税

購入

別冊宝島

定価:本体1000円+税

購入

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.