宝島SUGOI文庫

怪談! 本当は恐い「お城」の話

  • SOLD OUT

著者:中見利男
発売日:2011年2月4日
価格:本体457円+税

判型:文庫判
ページ数 : 223P
ISBN : 978-4-7966-8052-3

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • E-Mail

渦巻く怨霊 亡霊、怨念… そして「城念」

戦国時代など軍事が優先する時代には、土地の信仰や神聖な場所が無視され、砦や城塞などの建設が優先されました。墓場の上に城が建てられたり、墓石が無雑作に石垣や石段などに使用されたりもしたのです。だからこそ城には悲劇や怪奇現象がつきまとうのでしょう。古来から城は、人柱になった人びとの怨霊や亡霊はもとより、権力と死者の怨念が激しく対立してきた場所なのです。恐い城の怪奇譚十八話。

 

目次

  • はじめに

    第1章 東北、関東の霊城
     弘前城の「炎の女」
     江戸城の怪事件
     八王子城の祟り
     前橋城の怪異現象

    第2章 北陸、信越の霊城
     松本城を傾けた磔刑の怨念
     北ノ庄城の「首のない行列」
     小浜城の怨霊伝説は実話だった!
     金沢城に宿る愛欲の城念

    第3章 東海、近畿の霊城 壱
     駿府城の「肉人」
     郡上八幡城の人柱
     彦根城「井伊家の短命」は結城秀康の怨念

    第4章 東海、近畿の霊城 弐
     佐和山城「女郎谷の涙」
     姫路城は怪奇現象の巣窟

    第5章 中国、四国、九州の霊城
     岡山城に巣食う関ヶ原合戦の怨霊
     鳥取城は「地獄の城」
     松江城「天守閣の亡霊」
     松山城「戸無門の怪」
     佐賀城「鍋島直茂の幽霊退治と化け猫騒動」

    おわりに

    引用参考文献

中見 利男(なかみ としお) プロフィール

1959年、岡山県生まれ。作家、ジャーナリスト。該博な知識と徹底した取材力でドキュメンタリー、評論、解説書など数多く手がける。代表作に『太閤の復活祭』(『秀吉の暗号』として文庫化・角川春樹事務所)や『ニュートン極秘文書』(宝島社)、『首相補佐官』『国連のナゾ Q&A』(NHK出版)などがある。その鋭い視点で日本のダン・ブラウンの呼び声が高い。このほか『天海の暗号』『信長の暗号』『家康の暗号』(角川春樹事務所)、『救世主の条件 キリストの暗号』(角川書店)の暗号シリーズなど多数。近著にベストセラーとなった『出雲大社と千家氏の秘密』(宝島社)がある。

中見 利男 の他の作品

お近くの書店またはオンライン書店でお買い求めください。

この商品を見ている人はこちらの商品もチェックしています

売上げランキング

INFORMATION

配送・送料について

■送料について

お買い上げ商品・金額によって、送料が異なります。

全国一律 : 324円(税込)
商品合計2,000円以上(税込)お買い上げで送料無料となります。

◆月刊誌の送料について
月刊誌は2,000円未満の場合、1冊につき200円(税込)となります。
月刊誌の一覧はこちら

送料についての詳細はこちら

■お届けまでにかかる日数

通常商品の場合、ご注文完了(コンビニ前払いをご利用の場合は、ご入金確認後)の翌日から約1週間前後でお届けいたします。
予約商品・メーカー取り寄せの場合、商品によって入荷時期が違うため、お届け日が異なります。詳細は各商品ページをご確認下さい。

■配送業者

  • ・ヤマト運輸
  • ・佐川急便
  • ・ゆうぱっくまたは郵便

お支払い方法について

■お支払い方法

  • ・クレジットカード払い
  • ・代金引換
  • ・コンビニ前払い
  • ・NP後払い(コンビニ・郵便局・銀行)
  • ・Amazonペイメント
  • ※予約商品など商品によっては一部ご利用できない支払い方法がございます。
  • ※お支払い方法によっては別途手数料をご負担いただきます。

お支払いについての詳細はこちら

キャンセル・交換について

■注文後のキャンセル

当店では、不良品・誤配送を除き「イメージ違い」等、お客様のご都合によるご注文後のキャンセルは承っておりません。

■不良品・誤配送について

キャンセル・交換についての詳細はこちら

お問い合わせ

■よくあるご質問

よくあるご質問はこちら

■お問い合わせフォーム

営業時間 10:00~18:00(土日祝、夏季・冬季休業日を除く)

各種お問い合わせはこちら

注文照会・ログイン情報について

■ご注文内容の確認について

注文照会はこちら

■ID・パスワードをお忘れの方

ユーザーIDの確認・パスワードの再設定はこちら

TOP