HOME > 宝島 > 2014年6月号

タブーに斬り込む知的探求マガジン

2014年6月号

定価:

600円(税込)

2014年4月25日 (金) 発売

お求めは全国の書店・コンビニにて

JANコード:4910060650649

Fujisan.co.jpで定期購読

外部サイト(Fujisan.co.jp)へリンクします。

今月号の特集

  • 特集
    歴史、経済、文化……
    怒濤の45連発!!
    反日「中韓」の真っ赤なウソ
    嘘も100回言えば、真実になる──あきれた理論だが、そう信じきっているのか、虚偽・捏造といった嘘を繰り返し反日姿勢を貫く中国・韓国。政治、経済、文化、ジャンルを問わず、そして官民、立場を問わず、彼らの周りは“真っ赤なウソ”であふれている!!
  • Pick UP!1
    「指導死」の取材を続けるジャーナリストが覚悟の告発!!
    文科大臣の“重大発言”を闇に葬り去った
    『サンデー毎日』の大罪
    『サンデー毎日』は1922年創刊、毎日新聞社が発行する老舗週刊誌である。
    その『サンデー毎日』に掲載予定だった文科大臣の「指導死」に関するインタビューが闇に葬り去られた──
    役所による言論弾圧、メディアの自主規制が露見したこの舞台裏を、当事者であるジャーナリストが暴露する。
  • Pick UP!2
    フジ、森ビル、セガサミー、京楽、吉本……
    魑魅魍魎たちが蠢く!
    「カジノ利権」最新相関図
    今国会での法案成立が確実視されている「カジノ法案」。有力候補地として名前があがっているのが「東京」と「沖縄」だ。世界のカジノ企業と国内のゼネコン、エンターテインメント企業が虎視眈々と狙う一大カジノ利権。水面下ではすでに魑魅魍魎たちの暗闘が始まっている。

宝島編集部から

今号は特集以外にも読みどころが満載です。元山口組盛力会会長の盛力健児氏が禁断の新証言をしている「溶けていく山口組」。ノンフィクション作家の溝口敦氏にも寄稿していただき、知られざる巨大暴力団の内情が垣間見られます。その他のおススメは、「文部科学大臣の“重大発言”を闇に葬り去った『サンデー毎日』の大罪」。詳細は本誌をご覧いただきたいのですが、新聞社系週刊誌の堕落ぶりを象徴する事案であるとともに、その発言の重要性を考慮し記事にしました。その他にも、農協のタブー、小保方VS理研の命運、カジノ利権人脈、二丁目グルメなど他のメディアでは見られない記事が満載です。是非ご一読ください。

月刊宝島編集長:宮川 亨

今月の連載&コラム

【短期集中連載】
半グレ化する老人たち

Vol.1「 窃盗・万引き」
ボケを装った万引き老人が急増中!!

新・名前のない女たち

企画AV女優インタビュー

  • あの美女と60分♥
    真野恵里菜
  • キーパーソンインタビュー
    末井 昭「自殺ってみんな他殺のように思える」
  • 前田知巳 今月の言葉への言葉
    「タモロス」
  • グラビア
    杉原杏璃 妄想日和
  • 読むだけですっきりわかる“平成史”
    テーマ編:ダイエット(後編)
…etc.
TOP