• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 鬼の大江戸ふしぎ帖 鬼が飛ぶ

宝島社文庫

鬼の大江戸ふしぎ帖 鬼が飛ぶ

著者:和田はつ子

『この時代小説がすごい!』太鼓判

人になりすました
善悪様々な鬼たちと、
若き同心が江戸を駆ける!


最強最大級の熊鬼(くまおに)
最弱最小級の蚊蜻蛉鬼(かとんぼおに)や蟻鬼(ありおに)
さらに男を食い殺す最凶の蟷螂蛇鬼(かまきりへびおに)など、
大江戸に潜む鬼たちのふしぎ事件帖


人より鬼の方が多く棲む「大江戸」。南町奉行所定町廻り同心の渡辺源時は、“鬼が見える”ことで様々な事件に遭遇する。あるとき、人の肝の臓等から作られる比類なき名薬『命救丹』が盗まれるという事件が起きる。ところが数日後、その高価な名薬はすべて大川に流されていた。犯人の狙いは金ではないのか!? 人間同様に善悪様々な個性の鬼たちを描く、ふしぎな味のシリーズ第2弾!

 

※この作品は史実を織り込んでいますが、あくまでフィクションです。もし同一の名称があった場合も、実在する人物、団体等とは一切関係ありません。

  • ※本作品は宝島社文庫のために書き下ろされました。

和田 はつ子 (わだ はつこ) プロフィール

東京都生まれ。長女の小学校受験をもとに書いた『よい子できる子に明日はない』(三一書房)が橋田壽賀子氏のドラマ『お入学』の原作となり、注目を集める。ミステリー、ホラーの著作も多数。主な時代小説シリーズに「料理人季蔵捕物控」(ハルキ文庫)、「口中医桂助事件帖」(小学館文庫)、「お医者同心 中原龍之介」 (講談社文庫)、「はぐれ名医」(幻冬舎時代小説文庫)、「鬼の大江戸ふしぎ帖」(宝島社文庫)、また現代小説シリーズに「愛しのジュエラー」(小学館文庫)などがある。

和田 はつ子 の他の作品

こんな本はいかがですか?

宝島社文庫

著者:和田はつ子
定価:本体630円+税

購入

宝島社文庫

著者:小杉健治/辻堂 魁/中谷航太郎/倉阪鬼一郎/早見 俊
定価:本体648円+税

購入

宝島社文庫

著者:和田はつ子/千野隆司/高橋由太/中谷航太郎
定価:本体650円+税

購入

宝島社文庫

著者:辻堂 魁/千野隆司/中谷航太郎/倉阪鬼一郎
定価:本体650円+税

購入

宝島社文庫

著者:上田秀人/倉阪鬼一郎/辻堂 魁/早見 俊
定価:本体650円+税

購入

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.