• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 尾道茶寮 夜咄堂 おすすめは、お抹茶セット五百円(つくも神付き)

宝島社文庫

尾道茶寮 夜咄堂 おすすめは、お抹茶セット五百円(つくも神付き)

著者:加藤泰幸

【第4回】ネット小説大賞受賞作

広島・尾道を舞台に、つくも神と茶道、
切なさと温かさが交差する再生の物語。

父の残した茶室には、
つくも神が住んでいました。


古民家カフェ「夜咄堂」で僕が出会ったのは、
黒髪の美少女とおっさん、そして犬だった。


たった一人の肉親である父親を失った、大学一年生の千尋。彼に残されたのは、父が経営していた尾道の古民家カフェ『夜咄堂(よばなしどう)』だけだった。すべてを処分しようと、夜咄堂を訪れた千尋を迎えたのは、自らを「茶道具のつくも神」だという見慣れない二人。戸惑いながらも千尋は、つくも神から茶道の指導を受け、父の思いが残された夜咄堂を続けることにするが……。切なさと温かさが交差する再生の物語。第4回ネット小説大賞 受賞作!

 

※この物語はフィクションです。作中に同一の名称があった場合でも、実在する人物、団体等とは一切関係ありません。

  • ※本書は、「小説家になろう」(http://syosetu.com/)に掲載されていたものを、改稿のうえ書籍化したものです。

加藤 泰幸 (かとう やすゆき) プロフィール

1983年、佐賀県鳥栖市生まれ。広島県在住。『尾道茶寮 夜咄堂 おすすめは、お抹茶セット五百円(つくも神付き)』(宝島社)で第4回ネット小説大賞を受賞し、デビュー。15歳で手に取った『ご近所の博物誌』(わかつきめぐみ/白泉社)の影響を受け、以降は同著者に私淑。趣味は茶道。好きな焼き物は唐津焼。

こんな本はいかがですか?

宝島社文庫

著者:乾 緑郎
定価:本体648円+税

購入

宝島社文庫

著者:大泉 貴
定価:本体580円+税

購入

宝島社文庫

著者:柊サナカ
定価:本体600円+税

購入

宝島社文庫

著者:影山 匙
定価:本体680円+税

購入

宝島社文庫

著者:田丸久深
定価:本体600円+税

購入

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.