• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 奄美離島連続殺人事件

宝島社文庫

奄美離島連続殺人事件

著者:中村 啓

『このミス』大賞シリーズ

奄美の孤島で惨殺された占い師。
「鬼の呪い」とは!?


妖しい陰謀うずまく南海の孤島で、
隠された因習が暴かれる。


『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ、傑作のトラベル・ミステリーです。南海の孤島の青い空と青い海、そして猟奇殺人!奄美大島で主人公が発見したのは、脳をくり抜かれたカリスマ占術師の死体だった――。彼は死ぬ直前に実家・喜多住島に伝わる「鬼の呪い」に怯え、島の偉大なノロのもとを訪ねていた。これを知った主人公は、事件との関連性を感じて喜多住島へ向かう。しかし次々と事故死が起こり、犯人の目星をつけるも決定的な証拠が挙がらず、やがて主人公にも危険が迫る。妖しい陰謀うずまく島で、隠された因習がいま暴かれる!


※この物語はフィクションです。もし同一の名称があった場合も、実在する人物、団体等とは一切関係ありません。

 

    『このミステリーがすごい!』大賞

 

 

中村 啓 (なかむら ひらく) プロフィール

1973年、東京都生まれ。第7回『このミステリーがすごい!』大賞・優秀賞を受賞し、『霊眼』にて2009年デビュー(文庫化に伴い『樹海に消えたルポライター ~霊眼~』に改題)。他の著書に『飯所署清掃係 宇宙人探偵トーマス』『奄美離島連続殺人事件』『仁義なきギャル組長』(すべて宝島社文庫)、『家族戦士』(角川書店)、『忍ビノエデン 新月国不死民乃役』(PHP研究所)、『リバース』(SDP)がある。共著に『10分間ミステリー THE BEST』『5分で読める! ひと駅ストーリー 旅の話』『5分で読める! ひと駅ストーリー 猫の物語』(すべて宝島社文庫)がある。

中村 啓 の他の作品

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.