• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう

宝島社文庫

大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう

著者:山本巧次

『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ

江戸と現代をひとっとび!
200年の時空を超えて、江戸時代で血液鑑定!?

謎の美女・おゆうが、薬種問屋をめぐる
殺人事件と闇薬の裏流しについて調査を開始する――


江戸の両国橋近くに住むおゆうは、老舗の薬種問屋から殺された息子の汚名をそそいでほしいと依頼を受け、同心の伝三郎とともに調査に乗り出す……が彼女の正体はアラサー元OL・関口優佳。家の扉をくぐって江戸と現代で二重生活を送っていたのだ――。優佳は現代科学を駆使し謎を解いていくが、いかにして江戸の人間に真実を伝えるのか……。ふたつの時代を行き来しながら事件の真相に迫る!

 

※この物語はフィクションです。もし同一の名称があった場合も、実在する人物、団体等とは一切関係ありません。

 

    『このミステリーがすごい!』大賞

  • ※刊行にあたり、第13回『このミステリーがすごい!』大賞最終候補作品「八丁堀ミストレス」に加筆修正しました。

山本 巧次 (やまもと こうじ) プロフィール

1960年、和歌山県生まれ。第13回『このミステリーがすごい!』大賞・隠し玉として、『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう』にて2015年デビュー。

【著書】
『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう』(宝島社文庫)
『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 両国橋の御落胤』(宝島社文庫)
『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 千両富くじ根津の夢』(宝島社文庫)

【共著】
『5分で読める! ひと駅ストーリー 旅の話』(宝島社文庫)
『10分間ミステリー THE BEST』(宝島社文庫)

山本 巧次 の他の作品

こんな本はいかがですか?

宝島社文庫

著者:上甲宣之
定価:本体650円+税

購入

宝島社文庫

著者:法坂一広
定価:本体690円+税

購入

宝島社文庫

著者:伽古屋圭市
定価:本体650円+税

購入

宝島社文庫

著者:大坪砂男/鮎川哲也/横山秀夫/江戸川乱歩
定価:本体670円+税

購入

宝島社文庫

著者:佐藤青南
定価:本体660円+税

購入

宝島社文庫

著者:あいま祐樹
定価:本体650円+税

購入

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.