HOME > 宝島 > 2015年2月号

タブーに斬り込む知的探求マガジン

宝島 2015年2月号

定価:

本体556円+税

2014年12月25日 (木) 発売

JANコード:4910060650250

Fujisan.co.jpで定期購読

外部サイト(Fujisan.co.jp)へリンクします。

今月号の特集

  • 特集
    百田尚樹の正体!
    32万部ベストセラー
    『殉愛』騒動と「たかじん利権」これが真相だ!
    2014年11月に発売されるや、たちまち32万部のベストセラーとなった百田尚樹『殉愛』。1月3日に他界したやしきたかじんと3番目の妻の闘病生活をつづったこの“純愛ノンフィクション”、調べるほど実に生臭い“たかじん遺産”囲い込みの思惑が透けて見える。
  • Pick UP!1
    人口3万人の島に韓国人観光客が年間18万人。
    経済支配された島で頻発する盗難・ゴミ問題
    韓国に「占領」された対馬
    韓国との国境の島「対馬」が危ない。韓国・釜山からわずか50キロ弱、人口約3万人のこの島に上陸する韓国人観光客は年間18万人。だが、有形文化財の仏像が相次いで盗まれ、韓国から漂着する大量のゴミに島は頭を抱えている。対馬の現状を緊急リポートする。
  • Pick UP!2
    太平洋の海水が無限大の汚染危機!
    福島第一に新たな“時限爆弾”海へ流れる「第3の地下水流」が高濃度放射能に汚染される日
    福島第一原発の汚染水問題はまだ収束していない。現在、地下水をせき止めるために地下を凍らせ遮水する凍土壁を建設中だが、本格稼働には目処が立っていない。そして、第一原発の地下深くにある第3の地下水流の危険性を指摘する研究者もいる。凍土壁完成後も海に繋がる巨大地下水流へ沈下する超高濃度放射能の恐怖!

宝島編集部から

今月の大特集は「百田尚樹の正体」。2014年11月に発売されるや、32万部のベストセラーとなった『殉愛』。同年1月3日に他界したやしきたかじんと3番目の妻の闘病生活を綴ったというこの“純愛ノンフィクション”。しかし、ネットで火がついた妻・さくら氏の数々の疑惑……。本誌は、徹底取材で『殉愛』騒動と「たかじん利権」の真相を暴きます。その他にも、高倉健と菅原文太の逝去で脚光を浴びる「東映ヤクザ映画」の完全ガイドや、警視庁のデータを基に制作した「東京『変質者出没MAP』」など、他では見られない記事が満載です。ぜひ手にとってみてください。

月刊宝島編集長:宮川 亨

今月の連載&コラム

藤木TDC 昭和遺産探訪

第77回 日本製高級ライター

新・名前のない女たち
企画AV女優インタビュー

第12回 欲望と自己愛のモンスター 峰岸ふじこ

  • グラビア
    新春!! 美尻ガールズコレクション
  • What's up? NEWS
    ベストセラー作家・百田尚樹が必死の捏造否定! 他
  • キーパーソンインタビュー
    南 伸坊「“好きだな”という感情が“やりたいこと”を作っていく」
  • 夏原武の事件追跡 日本ダークサイド百景
    第三回 危険ドラッグに潜む深い闇
  • 「 時代の寵児たち」を追跡! あの人はいま
    KONISHIKI
…etc.

今月の雑誌付録

TOP