看守の流儀

宝島社文庫

看守の流儀

  • SOLD OUT

著者:城山真一
発売日:2022年1月8日
価格:780円(税込)

判型:文庫判
ページ数:416P
ISBN:978-4-299-02526-5

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • E-Mail

鮮やかな反転、驚きの結末!

胸が熱くなる刑務所ミステリー!

 

「いやぁ、これは久しぶりのドストライクだった。」横山秀夫(作家)

 

『本の雑誌』2021年1月号

「2020年度ミステリーベスト10」池上冬樹 選 2位

 

「読んで損することは絶対にない。必読である。」

すべての伏線が回収され、驚きの結末を迎えるのだが、そこでもまた読む者の胸をはげしくうつ場面が用意されているからたまらない。ともかく、無駄は一切なく、すべての場面が有機的に連繋し、最後の最後まで楽しませる連作ミステリの傑作なのだ。

――池上冬樹(書評家)/解説より

 

 

刑務所、そこはシャバ以上に濃厚な人間関係が渦巻く、更生の最後の砦――。

石川県の加賀刑務所を舞台に、刑務官と受刑者たちの織り成す五つの事件。

仮出所した模範囚の失踪(「ヨンピン」)、暴力団から足を洗う“Gとれ”中に起きた入試問題流出事件(「Gとれ」)、受刑者の健康診断記録とレントゲンフィルムの消失(「レッドゾーン」)など、刑務官たちの矜持と葛藤がぶつかり合う連作ミステリー。

 

 

 

【あわせ買い時の配送について】
予約商品と他商品を同時にお求めの場合、最も発売日の遅い商品に合わせての一括配送となります。
ご注意ください。別々の配送をご希望の場合は、お手数をおかけしますが、それぞれ個別にお買い求めください。

 

 

『このミステリーがすごい!』大賞

城山 真一(しろやま しんいち) プロフィール

1972年、石川県生まれ。金沢大学法学部卒業。2015年に『ブラック・ヴィーナス 投資の女神』で第14回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞。他の著書に『仕掛ける』『看守の流儀』(以上、宝島社)、『相続レストラン』(KADOKAWA)、『ダブルバインド』(双葉社)など。

城山 真一 の他の作品

お近くの書店またはオンライン書店でお買い求めください。

電子書店で購入

看守の流儀

電子版を購入する

  • Amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング

こんな本はいかがですか?

この商品を見ている人はこちらの商品もチェックしています

通販ランキング

INFORMATION

配送・送料について

■送料について

1配送につき、ご注文金額が

2,000円(税込)以上の場合、送料無料
2,000円(税込)未満の場合、300円(税込)

送料についての詳細はこちら

■お届けまでにかかる日数

通常商品の場合、ご注文完了(コンビニ前払いをご利用の場合は、ご入金確認後)の翌日から約1週間前後でお届けいたします。
予約商品・メーカー取り寄せの場合、商品によって入荷時期が違うため、お届け日が異なります。詳細は各商品ページをご確認下さい。

■配送業者

  • ・ヤマト運輸
  • ・佐川急便
  • ・ゆうぱっくまたは郵便

お支払い方法について

■お支払い方法

  • ・クレジットカード払い
  • ・コンビニ前払い
  • ・NP後払い(コンビニ・郵便局・銀行)
  • ・Amazonペイメント
  • ※予約商品など商品によっては一部ご利用できない支払い方法がございます。
  • ※お支払い方法によっては別途手数料をご負担いただきます。

お支払いについての詳細はこちら

キャンセル・交換について

■注文後のキャンセル

当店では、不良品・誤配送を除き「イメージ違い」等、お客様のご都合によるご注文後のキャンセルは承っておりません。

■不良品・誤配送について

キャンセル・交換についての詳細はこちら

お問い合わせ

■よくあるご質問

よくあるご質問はこちら

■お問い合わせフォーム

営業時間 10:00~18:00(土日祝、夏季・冬季休業日を除く)

各種お問い合わせはこちら

注文照会・ログイン情報について

■ご注文内容の確認について

注文照会はこちら

■ID・パスワードをお忘れの方

ユーザーIDの確認・パスワードの再設定はこちら

TOP