• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > これ一冊で必ず国語読解力がつく本 入試対策編

書籍

これ一冊で必ず国語読解力がつく本 入試対策編

著者:日本全国授業ライヴ「GTP」主宰 後藤武士:著

中学受験、高校受験はこれで大丈夫

記述対策の決定版、ついに登場!

[読む問題集]
国語が出来れば入試も怖くない!大学受験、社会人にも役に立つ




この4章で問題は解ける!
(1)要約問題を徹底マスター
(2)これで解ける段落問題
(3)実践!入試問題
(4)新傾向問題の最新解説

 

『最強最後の学習法』シリーズ第3弾
『やさしい読解力』(毎日中学生新聞)の先生が教える
最強の入試対策問題集

「この本ではまず全体を把握することを学ぶ。そのために要約の仕方や要約問題の解き方を説明するよ。そして段落構成について学ぶ。そこで文全体の組み立てがどうなっているか、組み立ての方法にはどんなタイプがあるのか、について知ってもらう。
さらに自分の読み取ったことを表現する方法を学ぶ。これはとりもなおさず昨今流行の記述型の問題を解くための最高の武器になる。」――――第0講義より

読者の圧倒的要望に答えて、受験対策版を発表!

目次

    ・はじめに
    ・この本の使い方

    第0講義 入試対策編へのオリエンテーション

    ■第1章■ 要約問題の解き方
    第1講義 要約は怖く無い なぜ要約が必要なのか
    第2講義 要約とは抽象化の作業なのダ
    第3講義 探す
    第4講義 くっつけて削る
    第5講義 要約問題 卒業試験 前半
    第6講義 要約問題 卒業試験 後半

    ■第2章■ 段落問題の攻略
    第7講義 段落問題攻略のためのいくつかの方法
    第8講義 段落切れ目問題の解き方 基礎編
    第9講義 段落切れ目問題の解き方 応用編
    第10講義 段落構成問題の解き方

    ■第3章■ 国語読解力問題 実践編
    第11講義 制限時間
    第12講義 実践問題1
    第13講義 実践問題2
    第14講義 実践問題3

    ■第4章■ 新しいタイプの問題
    第15講義 単語や言い回しの内容理解を問う問題
    第16講義 記述の新傾向
    第17講義 単語や言い回しの示すニュアンスを問う問題

    ・あとがき

    [おまけ]
    訓読み問題集/対義語問題/否定語の問題/修飾している部分を探すタイプの問題

    [コラム]
    国語問題のリスニングテスト/条件作文のコツPART1/条件作文のコツPART2
続きを見る

後藤 武士 (ごとう たけし) プロフィール

1967(昭和42)年、岐阜県生まれ。青山学院大学法学部卒。著書の執筆や講演活動に勤しむほか、教育評論家、平成研究家、世相評論家として活躍。放送メディアへの出演・活字メディアでの取材多数。東日本大震災以降、政治文化の集積地である東京とあえて距離を置き、故郷の美濃で、無位無官、市井の人として、育児と地域貢献活動に携わりつつ仙人を気取る生活を実践する日々。著書の「読むだけですっきりわかる」シリーズは累計335万部を突破。特に宝島社文庫『読むだけですっきりわかる日本史』は135万部を超えるミリオンセラーとなっている。

後藤 武士 の他の作品

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.