• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 読むだけですっきりわかる世界史 現代編

宝島SUGOI文庫

読むだけですっきりわかる世界史 現代編

オスマン帝国の終焉からポツダム宣言まで

著者:後藤武士

文庫書き下ろし!

『読むだけ』シリーズ・後藤武士による
マンガみたいにおもしろい授業形式!


シリーズ累計
280万部!


激動の19世紀と20世紀!
チャーチル、レーニン、孫文、ヒトラー などなど

日本が登場!


楽しめる
500円!


大変お待たせしました。後藤武士の超口語体による世界史の現代編です。オスマン帝国の終焉から、ヨーロッパ諸国の帝国主義化の進展、それに対抗するアジア・アフリカ諸国と社会主義勢力。そして世界は第一次世界大戦へと。激動の19世紀と20世紀を、第二次世界大戦の終わりまで描きます。一気に読めて、世界の流れがわかる一冊です。

 

  • 本書は文庫オリジナルです。

目次

    世界史への招待 現代編へようこそ

    第一章 現代前夜のアジア諸国と日本
     オスマン帝国の衰退
     クリミア戦争
     清朝凋落
     …ほか

    第二章 帝国主義の時代
     第二次産業革命
     帝国主義
     ベル=エポック
     …ほか

    第三章 日露戦争と苦悩する清
     三国干渉
     変わろうという動き 清
     義和団事件
     …ほか

    第四章 第一次世界大戦とロシア革命
     三極時代到来の萌芽
     大戦前夜の勢力図 3C政策と3B政策
     火花散るバルカン半島
     …ほか

    第五章 第一次大戦後の世界
     大戦後の欧州
     欧州1918年
     欧州1919年
     …ほか

    第六章 世界恐慌とファシズム
     世界恐慌
     フランクリン=ローズヴェルト
     ニューディール政策
     …ほか

    第七章 第二次世界大戦とポツダム宣言
     動き始めたドイツ
     宥和政策という臆病者の憂鬱な手段
     世界を驚かせた独ソ不可侵条約 理念を超える現実への対応
     …ほか

    世界史4篇を書き終えて

    策引

続きを見る

後藤 武士 (ごとう たけし) プロフィール

1967(昭和42)年、岐阜県生まれ。青山学院大学法学部卒。著書の執筆や講演活動に勤しむほか、教育評論家、平成研究家、世相評論家として活躍。放送メディアへの出演・活字メディアでの取材多数。東日本大震災以降、政治文化の集積地である東京とあえて距離を置き、故郷の美濃で、無位無官、市井の人として、育児と地域貢献活動に携わりつつ仙人を気取る生活を実践する日々。著書の「読むだけですっきりわかる」シリーズは累計335万部を突破。特に宝島社文庫『読むだけですっきりわかる日本史』は135万部を超えるミリオンセラーとなっている。

後藤 武士 の他の作品

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.