• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 毒殺魔の教室

書籍

毒殺魔の教室

著者:塔山 郁

『このミステリーがすごい!』大賞 2009年第7回優秀賞受賞作


選考委員の大森望氏が、「ホワイダニット(動機)の謎が明らかになったとき、ずっしり重い衝撃が読者を襲う。堂々たるモザイク・ミステリの秀作だ」と称賛した本作は、30年前に小学校の教室内で起きた児童毒殺事件の真相を、証言や手紙・小説などを通してあぶり出していく犯罪サスペンスです。証言者によって、まったく異なった印象をもつこの事件。取材者が情報を見聞きするたびに、事件は思いもよらない姿にかたちを変えていきます。読者はきっと、次々に現れる“真実”にはっと息を呑むはずです。

 

 

 

 

●●●あらすじ●●●


那由多小学校児童毒殺事件――男子児童が、クラスメイトの男子児童を教室内で毒殺した事件。加害児童は、三日後に同じ毒により服毒自殺を遂げ、動機がはっきりとしないままに事件は幕を閉じた。
そのショッキングな事件から30年後、ある人物が当時の事件関係者たちを訪ね歩き始めた。ところが、それぞれの証言や手紙などが語る事件の詳細は、微妙にズレている……。やがて、隠されていた悪意の存在が露わになり始め、思いもよらない事実と、驚愕の真実が明かされていく。

 

 

 


■■■その他おすすめ本はこちら■■■
その他の『このミステリーがすごい!』シリーズ一覧はこちら>>>

 

『このミステリーがすごい!』大賞   

目次

    プロローグ 

    1 安田博之の証言 

    2 平山紀子の証言 

    3 鳥原貴の証言 

    4 友田邦彦の手紙 

    5 織原信子の話 

    6 櫻井忍の手紙 

    7 薘田美和の告白 

    8 友田邦彦の手紙 

    9 蓬田美和の告白Ⅱ

    10 筒井久人の姉の証言

    11 蓬田美和の告白Ⅲ

    12 「作家のコラム」より抜粋

    13 筒井久人の姉の手紙 

    14 那由多市報一九八〇年三月号より抜粋 

    15 毒殺魔の教室(第二稿)

    16 再会 

    エピローグ 
続きを見る

塔山 郁 (とうやま かおる) プロフィール

1962年、千葉県生まれ。『毒殺魔の教室』(宝島社文庫)にて第7回『このミステリーがすごい!』大賞・優秀賞を受賞し、2009年デビュー。他の著書に『悪霊の棲む部屋』『人喰いの家』(ともに宝島社文庫)など。心霊描写を含む作品を得意とする。

塔山 郁 の他の作品

lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.