書籍

迷宮の花街 渋谷円山町

著者:本橋信宏
発売日:2015年1月22日
価格:本体1,450円+税

判型:四六判
ページ数 : 302P
ISBN : 978-4-8002-3427-8

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • E-Mail

路地と坂、石段――
ラブホテル街に残る昭和の面影


・明治から続く花街は混沌としたエリアに
・渋谷の異空間に集まる男と女


花街の風情をいまも伝える路地、黒塀、石段――。時代の最先端・渋谷駅周辺にあって、円山町に生きる人々は昭和の混沌と再開発の狭間に生きている。かつて400人以上いた芸者は現在、わずか4人。いまでは都内有数のラブホテル街となり、素性を知られたくない男女の密会場所となっている。この渋谷の異空間はいかにして生まれ、今に至るのか。そしてどこへ向かうのか。その歴史と地理的背景、男女の肉声を採録。さらに18年前、円山町のラブホテル街を舞台にエリートOLが殺害され世間を震撼させた「東電OL殺人事件」の真相に迫った。『東京最後の異界 鶯谷』に続く、東京の異界シリーズ・ノンフィクション第2弾!

本橋 信宏(もとはし のぶひろ) プロフィール

1956年4月4日、所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。創造的かつ先鋭的な創作活動を続ける書き手として注目を集めている。ノンフィクション、小説、エッセイ、評論等、幅広く活躍している。著書に、自伝的ノンフィクションノベルス『裏本時代』『AV時代』、短編小説集『フルーツの夜』(以上、幻冬舎アウトロー文庫)、男女の群像劇を活写した『新・AV時代 悩ましき人々の群れ』(文藝春秋)、人妻文化論の金字塔『なぜ人妻はそそるのか?「よろめき」の現代史』(メディアファクトリー新書)、消えゆく東京のノスタルジックな建物、記憶の地を逍遥した『60年代 郷愁の東京』(主婦の友社・日本図書館協会選定図書)、最新刊に“東京の異界”シリーズ第2弾『迷宮の花街 渋谷円山町』(宝島社)がある。

本橋 信宏 の他の作品

今すぐ購入

迷宮の花街 渋谷円山町

カテゴリー : 書籍
商品コード : 02342701

1,566円(税込)

【発送時期】
ご注文後1-3営業日に出荷予定
※お一人様 3点まで

こんな本はいかがですか?

この商品を見ている人はこちらの商品もチェックしています

売上げランキング

INFORMATION

配送・送料について

■送料について

お買い上げ商品・金額によって、送料が異なります。

全国一律 : 324円(税込)
商品合計2,000円以上(税込)お買い上げで送料無料となります。

◆月刊誌の送料について
月刊誌は2,000円未満の場合、1冊につき200円(税込)となります。
月刊誌の一覧はこちら

送料についての詳細はこちら

■お届けまでにかかる日数

通常商品の場合、ご注文完了(コンビニ前払いをご利用の場合は、ご入金確認後)の翌日から約1週間前後でお届けいたします。
予約商品・メーカー取り寄せの場合、商品によって入荷時期が違うため、お届け日が異なります。詳細は各商品ページをご確認下さい。

■配送業者

  • ・ヤマト運輸
  • ・佐川急便
  • ・ゆうぱっくまたは郵便

お支払い方法について

■お支払い方法

  • ・クレジットカード払い
  • ・代金引換
  • ・コンビニ前払い
  • ・NP後払い(コンビニ・郵便局・銀行)
  • ・Amazonペイメント
  • ※予約商品など商品によっては一部ご利用できない支払い方法がございます。
  • ※お支払い方法によっては別途手数料をご負担いただきます。

お支払いについての詳細はこちら

キャンセル・交換について

■注文後のキャンセル

当店では、不良品・誤配送を除き「イメージ違い」等、お客様のご都合によるご注文後のキャンセルは承っておりません。

■不良品・誤配送について

キャンセル・交換についての詳細はこちら

お問い合わせ

■よくあるご質問

よくあるご質問はこちら

■お問い合わせフォーム

営業時間 10:00~18:00(土日祝、夏季・冬季休業日を除く)

各種お問い合わせはこちら

注文照会・ログイン情報について

■ご注文内容の確認について

注文照会はこちら

■ID・パスワードをお忘れの方

ユーザーIDの確認・パスワードの再設定はこちら

TOP