殺人事件、9割は知人が犯人だった

宝島社文庫

殺人事件、9割は知人が犯人だった

ニュースではわからない真・統計白書

  • SOLD OUT

著者:和田秀樹 監修
発売日:2007年7月12日
価格:660円(税込)

判型:文庫判
ページ数:223P
ISBN:978-4-7966-5965-9

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • E-Mail
世の中の仰天データ集
ノンフィクション統計雑学本
数字で見直す日本の社会!
ニュースではわからない真・統計白書

■15~19歳の失業率、全体の3倍
■20~30代の死因トップは自殺
■フリーターの賃金ピークは20代後半
■フリーターと正社員の賃金格差3.7倍
■年収200万以下世帯が21.8%
■児童虐待の3/4が実母の犯行
■2010年、労働者5人に1人が65歳以上

ニュースで騒がれる親子間殺人。我々は奇異な事件として首をかしげてしまうが、そもそも統計データを見てみると、全殺人事件の約半数は親族間によるもの。そして約9割が、知人による犯行なのだ。殺人事件というと、つい通り魔的な殺人を思い浮かべてしまうが、実は怖いのは赤の他人ではなかった…。官公庁が発表する統計データを元に、真実の社会の実態を、和田秀樹があぶり出す。取るべき策は何か?がわかるノンフィクション統計雑学本。

和田 秀樹(わだ ひでき) プロフィール

精神科医。和田秀樹こころと体のクリニック院長。1960年生まれ。東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、アメリカ・カールメニンガー精神医学校国際フェローを経て、「和田秀樹 こころと体のクリニック」を開院。30年以上にわたって高齢者専門の精神科医として高齢者医療の現場に携わる。『自分が高齢になるということ』(新講社)、『年代別 医学的に正しい生き方 人生の未来予測図』(講談社)、『六十代と七十代 心と体の整え方』(バジリコ)、『「人生100年」老年格差』『70歳が老化の分かれ道』(ともに詩想社)、『80歳の壁』(幻冬舎)など著書多数。

和田 秀樹 の他の作品

お近くの書店またはオンライン書店でお買い求めください。

この商品を見ている人はこちらの商品もチェックしています

通販ランキング

INFORMATION

配送・送料について

■送料について

1配送につき、ご注文金額が

2,000円(税込)以上の場合、送料無料
2,000円(税込)未満の場合、200円(税込)

送料についての詳細はこちら

■お届けまでにかかる日数

通常商品の場合、ご注文完了(コンビニ前払いをご利用の場合は、ご入金確認後)の翌日から約1週間前後でお届けいたします。
予約商品・メーカー取り寄せの場合、商品によって入荷時期が違うため、お届け日が異なります。詳細は各商品ページをご確認下さい。

■配送業者

  • ・ヤマト運輸
  • ・佐川急便
  • ・ゆうぱっくまたは郵便

お支払い方法について

■お支払い方法

  • ・クレジットカード払い
  • ・コンビニ前払い
  • ・NP後払い(コンビニ・郵便局・銀行)
  • ・Amazonペイメント
  • ※予約商品など商品によっては一部ご利用できない支払い方法がございます。
  • ※お支払い方法によっては別途手数料をご負担いただきます。

お支払いについての詳細はこちら

キャンセル・交換について

■注文後のキャンセル

当店では、不良品・誤配送を除き「イメージ違い」等、お客様のご都合によるご注文後のキャンセルは承っておりません。

■不良品・誤配送について

キャンセル・交換についての詳細はこちら

お問い合わせ

■よくあるご質問

よくあるご質問はこちら

■お問い合わせフォーム

営業時間 10:00~18:00(土日祝、夏季・冬季休業日を除く)

各種お問い合わせはこちら

注文照会・ログイン情報について

■ご注文内容の確認について

注文照会はこちら

■ID・パスワードをお忘れの方

ユーザーIDの確認・パスワードの再設定はこちら

TOP