教養としての世界宗教史

書籍

教養としての世界宗教史

著者:島田裕巳
発売日:2020年5月15日
価格:1,980円(税込)

判型:四六判
ページ数:448P
ISBN:978-4-299-00473-4

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • E-Mail

全教養人必読!

宗教の本質を知れば世界史も国際情勢も、

いっきにわかる!

 

グローバル化は、

自分とは異なる宗教をもつ他者が、

日常的なかかわりをもたざるを得ない

隣人となることを意味する。

日本国内にも、次第に日本人とは

異なる信仰をもつ人々が

生活するようになってきた。

隣人を理解し、

円滑な人間関係を確立するには、

その宗教についても一定の知識と

認識をもたなければならない。

 

(中略)

 

その点で、

世界の宗教をトータルに

理解していく必要がある。

最初に必要なのは、

その全体像を知ることである。

 

「はじめに」より

 

「神」の起源

一神教と契約思想


世界が抱える“諸事情”を宗教で解説!

 

モーセの十戒と仏教の五戒

アメリカのキリスト教事情

ユダヤ人とシオニズム

「性欲=罪」の刷り込み

十字軍と聖遺物崇拝

預言者と終末論

日本の葬式仏教

広がるイスラム金融

謎多き仏教の始まり

大乗仏教と「空」の思想

チベット仏教とダライ・ラマ

イスラム教と聖戦(ジハード)

etc.

 

宗教を語れずして、

現代の複雑さは語れない!


グローバル人材が多様性を理解するために

最低限知っておくべきこと

 

人類の始まりと宗教の起源

一神教の登場とユダヤ教

キリスト教の世界展開

イスラム教の寛容と不寛容

ゾロアスター教の善悪二元論

モンゴル帝国の役割

バラモン教と解脱

初期仏教の教義と謎

ヒンズー教と密教の神秘主義

儒教・道教と仏教 融合と確執

アジア諸国に伝播した三大宗教

混ざり合う神道と仏教

島田 裕巳(しまだ ひろみ) プロフィール

宗教学者、作家。1976年、東京大学文 学部宗教学科卒業。同大学大学院人文科学研究科修士課程修了。84年、同博士課程修了(宗教学専攻)。東京女子大学、東京通信大学非常勤講師。おもな著書に『京都がなぜいちばんなのか』(ちくま新書)、『創価学会』『世界の宗教がざっくりわかる』(以上、新潮新書)、『葬式格差』『なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか』『靖国神社』(以上、幻冬舎新書)などがある。

島田 裕巳 の他の作品

今すぐ購入

教養としての世界宗教史

商品コード : TD004734

1,980円(税込)

【発送時期】
ご注文後1-3営業日に出荷予定

この商品を見ている人はこちらの商品もチェックしています

通販ランキング

INFORMATION

配送・送料について

■送料について

お買い上げ商品・金額によって、送料が異なります。

全国一律 : 330円(税込)
商品合計2,000円以上(税込)お買い上げで送料無料となります。

◆月刊誌の送料について
月刊誌は2,000円未満の場合、1冊につき200円(税込)となります。
月刊誌の一覧はこちら

送料についての詳細はこちら

■お届けまでにかかる日数

通常商品の場合、ご注文完了(コンビニ前払いをご利用の場合は、ご入金確認後)の翌日から約1週間前後でお届けいたします。
予約商品・メーカー取り寄せの場合、商品によって入荷時期が違うため、お届け日が異なります。詳細は各商品ページをご確認下さい。

■配送業者

  • ・ヤマト運輸
  • ・佐川急便
  • ・ゆうぱっくまたは郵便

お支払い方法について

■お支払い方法

  • ・クレジットカード払い
  • ・コンビニ前払い
  • ・NP後払い(コンビニ・郵便局・銀行)
  • ・Amazonペイメント
  • ※予約商品など商品によっては一部ご利用できない支払い方法がございます。
  • ※お支払い方法によっては別途手数料をご負担いただきます。

お支払いについての詳細はこちら

キャンセル・交換について

■注文後のキャンセル

当店では、不良品・誤配送を除き「イメージ違い」等、お客様のご都合によるご注文後のキャンセルは承っておりません。

■不良品・誤配送について

キャンセル・交換についての詳細はこちら

お問い合わせ

■よくあるご質問

よくあるご質問はこちら

■お問い合わせフォーム

営業時間 10:00~18:00(土日祝、夏季・冬季休業日を除く)

各種お問い合わせはこちら

注文照会・ログイン情報について

■ご注文内容の確認について

注文照会はこちら

■ID・パスワードをお忘れの方

ユーザーIDの確認・パスワードの再設定はこちら

TOP