宝島社新書

天皇とは何か

著者:井沢元彦/島田裕巳
発売日:2013年2月9日
価格:本体800円+税

判型:新書判
ページ数 : 223P
ISBN : 978-4-8002-0518-6

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • E-Mail

「日本の本質」をいま、問い直す

天皇の存在は何を意味するのか?


日本人として考えたい歴史的・
文化的アイデンティティーの在処と行く末


「天皇」とは日本人にとって一体何なのか。この素朴ながら難しい問いを歴史、宗教、制度などの面から多角的に討論します。なぜ我々は天皇を戴くのか。天皇制は本当に必要なのか。そんな日本人と日本社会のアイデンティティーを掘り下げます。著者は、ベストセラー「逆説の日本史」シリーズなどを通して日本人の精神構造を問い直す歴史小説家・井沢元彦氏と、宗教学者として多様な社会現象を分析、著述を重ねる島田裕巳氏。「天皇制のこれから」が見えてくる一冊。

井沢 元彦(いざわ もとひこ) プロフィール

作家。1954年2月、愛知県名古屋市生まれ。早稲田大学法学部を卒業後、TBSに入社。報道局政治部の記者時代に 『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞を受賞。『逆説の日本史』シリーズは単行本・文庫本・ビジュアル版で累計500万部の超ベスト&ロングセラーとなっている。また、新たなライフワーク『逆説の世界史』をウェブサイトで連載、それらを集約した単行本の発行も順次進んでいる。

井沢 元彦 の他の作品

島田 裕巳(しまだ ひろみ) プロフィール

宗教学者、作家。1976年東京大学文学部宗教学科卒業。同大学大学院人文科学研究科修士課程修了。84年同博士課程修了(宗教学専攻)。東京女子大学・東京通信大学非常勤講師。主な著書に『京都がなぜいちばんなのか』(ちくま新書)、『創価学会』『世界の宗教がざっくりわかる』(以上、新潮新書)、『葬式格差』『なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか』『靖国神社』(以上、幻冬舎新書)などがある。

島田 裕巳 の他の作品

今すぐ購入

天皇とは何か

商品コード : 02051801

880円(税込)

【発送時期】
ご注文後1-3営業日に出荷予定
※お一人様 3点まで

この商品を見ている人はこちらの商品もチェックしています

通販ランキング

INFORMATION

配送・送料について

■送料について

お買い上げ商品・金額によって、送料が異なります。

全国一律 : 330円(税込)
商品合計2,000円以上(税込)お買い上げで送料無料となります。

◆月刊誌の送料について
月刊誌は2,000円未満の場合、1冊につき200円(税込)となります。
月刊誌の一覧はこちら

送料についての詳細はこちら

■お届けまでにかかる日数

通常商品の場合、ご注文完了(コンビニ前払いをご利用の場合は、ご入金確認後)の翌日から約1週間前後でお届けいたします。
予約商品・メーカー取り寄せの場合、商品によって入荷時期が違うため、お届け日が異なります。詳細は各商品ページをご確認下さい。

■配送業者

  • ・ヤマト運輸
  • ・佐川急便
  • ・ゆうぱっくまたは郵便

お支払い方法について

■お支払い方法

  • ・クレジットカード払い
  • ・代金引換
  • ・コンビニ前払い
  • ・NP後払い(コンビニ・郵便局・銀行)
  • ・Amazonペイメント
  • ※予約商品など商品によっては一部ご利用できない支払い方法がございます。
  • ※お支払い方法によっては別途手数料をご負担いただきます。

お支払いについての詳細はこちら

キャンセル・交換について

■注文後のキャンセル

当店では、不良品・誤配送を除き「イメージ違い」等、お客様のご都合によるご注文後のキャンセルは承っておりません。

■不良品・誤配送について

キャンセル・交換についての詳細はこちら

お問い合わせ

■よくあるご質問

よくあるご質問はこちら

■お問い合わせフォーム

営業時間 10:00~18:00(土日祝、夏季・冬季休業日を除く)

各種お問い合わせはこちら

注文照会・ログイン情報について

■ご注文内容の確認について

注文照会はこちら

■ID・パスワードをお忘れの方

ユーザーIDの確認・パスワードの再設定はこちら

TOP