コロナ漂流録 2022銃弾の行方

宝島社文庫

コロナ漂流録 2022銃弾の行方

  • NEW

著者:海堂 尊
発売日:2024年3月6日
価格:950円(税込)

判型:文庫判
ISBN:978-4-299-05322-0

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • E-Mail

累計1080万部突破

『チーム・バチスタの栄光』シリーズ

 

厚労省の変人役人 vs 中抜きハイエナ!?

コロナ三部作堂々の完結!

 

 

「コロナ三部作は、現実の事象をリンクさせつつフィクションでしかできないことをやってのけた」

鈴木エイト(ジャーナリスト・作家)

 

(あらすじ)

2022年7月、新型コロナウイルスの新規感染者数は1日10万人を超えていた。その頃、東城大学医学部付属病院のホスピス病棟とコロナ病棟の責任者を兼務する田口公平は、医師のワークライフバランスを主張し、病棟に「効果性表示食品」を導入しようとする新任の中堅医師・洲崎洋平に手を焼いていた。田口は問題解決のための禁断の一手として、厚生労働省の白鳥圭輔を東城大に召喚するが……。

 

 

※仕様や価格、内容などが変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

 

 

 

【あわせ買い時の配送について】
予約商品と他商品を同時にお求めの場合、最も発売日の遅い商品に合わせての一括配送となります。
ご注意ください。別々の配送をご希望の場合は、お手数をおかけしますが、それぞれ個別にお買い求めください。

 

 

『このミステリーがすごい!』大賞

海堂 尊(かいどう たける) プロフィール

1961年、千葉県生まれ。作家、医師。第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、2006年に『チーム・バチスタの栄光』で作家デビュー。著書は「桜宮サーガ」と呼ばれるシリーズを成し、本作および『コロナ黙示録 2020災厄の襲来』『コロナ狂騒録 2021五輪の饗宴』(以上、宝島社)も連なっている。他に、キューバ革命のゲバラとカストロを描いた「ポーラースター」シリーズ、北里柴三郎と森鷗外の確執を描いた『奏鳴曲 北里と鷗外』(ともに文藝春秋)などがある。

海堂 尊 の他の作品

今すぐ購入

コロナ漂流録 2022銃弾の行方

カテゴリー : 宝島社文庫
商品コード : TD053220

950円(税込)

発売日:2024年3月6日

【予約受付中】
発売日より順次出荷予定

電子書店で購入

コロナ漂流録 2022銃弾の行方

3月6日配信決定!
電子書店にて予約受付中!

電子版を購入する

この商品を見ている人はこちらの商品もチェックしています

通販ランキング

INFORMATION

配送・送料について

■送料について

1配送につき、ご注文金額が

3,500円(税込)以上の場合、送料無料
3,500円(税込)未満の場合、550円(税込)

送料についての詳細はこちら

■お届けまでにかかる日数

通常商品の場合、ご注文完了(コンビニ前払いをご利用の場合は、ご入金確認後)の翌日から約1週間前後でお届けいたします。
予約商品・メーカー取り寄せの場合、商品によって入荷時期が違うため、お届け日が異なります。詳細は各商品ページをご確認下さい。

■配送業者

  • ・ヤマト運輸
  • ・佐川急便
  • ・ゆうぱっくまたは郵便

お支払い方法について

■お支払い方法

  • ・クレジットカード払い
  • ・コンビニ前払い
  • ・NP後払い(コンビニ・郵便局・銀行)
  • ・Amazonペイメント
  • ※予約商品など商品によっては一部ご利用できない支払い方法がございます。
  • ※お支払い方法によっては別途手数料をご負担いただきます。

お支払いについての詳細はこちら

キャンセル・交換について

■注文後のキャンセル

当店では、不良品・誤配送を除き「イメージ違い」等、お客様のご都合によるご注文後のキャンセルは承っておりません。

■不良品・誤配送について

キャンセル・交換についての詳細はこちら

お問い合わせ

■よくあるご質問

よくあるご質問はこちら

■お問い合わせフォーム

営業時間 10:00~18:00(土日祝、夏季・冬季休業日を除く)

各種お問い合わせはこちら

注文照会・ログイン情報について

■ご注文内容の確認について

注文照会はこちら

■ID・パスワードをお忘れの方

ユーザーIDの確認・パスワードの再設定はこちら