宝島社新書

“人権侵害救済法”で人権がなくなる日

著者:別冊宝島編集部 編
発売日:2012年3月10日
価格:本体700円+税

判型:新書判
ページ数 : 219P
ISBN : 978-4-7966-9690-6

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • E-Mail

法案に秘められた
法務省の危ない野望!


同和利権、外国人特権への批判ができなくなる!
「三条委員会」は法務省の天下り先だ!
北朝鮮国籍でも日本の人権委員になれる!


外国人の永住権を批判したら、すぐ逮捕。人権を守るはずの法案が実は、人権をいちばん抑えつけている。韓国人を批判したら訴えられる。中国人はずうずうしいといったら、家宅捜査。そんな法案を、どのマスコミも批判しない。さまざまな危険性を、多くの先生方が執筆。巻頭は百地章日本大学教授、人権擁護法案時代から、批判を繰り広げてきた先生だ。付録に外国人参政権の危険性も論述。

目次

  • まえがきにかえて 表裏一体の人権侵害救済法と外国人参政権

    第一部 “人権侵害救済法”で人権がなくなる日
     一、 「危険は本質」変わらぬ人権侵害救済法(新法案)   百地章(日本大学法学部教授)
      「小さく生んで大きく育てる」
      旧人権侵害救済法案の問題点
      人権侵害救済法(新法案)の概要
      …ほか

     二、 人権侵害救済法は誰が推進しているのか?(1)   インタビュー 衛藤晟一参議院議員
      メディア規制、名古屋刑務所事件で廃案になった人権擁護法案
      法務省の天下り先の確保ではないでしょうか

     人権侵害救済法は誰が推進しているのか?(2)   インタビュー 古屋圭司衆議院議員
      日本には世界にある人種差別のようなひどい人権侵害はない!
      閑職の人権擁護局が無理やり仕事を作っている

     三、 人権侵害救済法案反対全国陳情プロジェクト座談会
      運動が、人を成長させていく
      政治と国民の間に、距離がありすぎるのだ

別冊宝島編集部 (べっさつたからじまへんしゅうぶ ) プロフィール

別冊宝島編集部 の他の作品

今すぐ購入

“人権侵害救済法”で人権がなくなる日

カテゴリー : 宝島社新書
商品コード : 01969001

735円(税込)

【発送時期】
ご注文後1-3日で出荷予定
※お一人様 3点まで

ランキング

もっと見る

集計期間:2017/10/16~2017/10/22
トーハン TONETSi調べ

この商品を見ている人はこちらの商品もチェックしています

売上げランキング

INFORMATION

配送・送料について

■送料について

お買い上げ商品・金額によって、送料が異なります。

全国一律 : 410円(税込)
商品合計7,500円以上(税込)お買い上げで送料無料

※宝島社の発行する出版物について
ご注文の合計金額が、
2,100円(税込)以上の場合は送料無料
2,100円(税込)未満の場合は送料410円(税込)

送料についての詳細はこちら

■お届けまでにかかる日数

通常商品の場合、ご注文完了(コンビニ前払いをご利用の場合は、ご入金確認後)の翌日から約1週間前後でお届けいたします。
予約商品・メーカー取り寄せの場合、商品によって入荷時期が違うため、お届け日が異なります。詳細は各商品ページをご確認下さい。

■配送業者

  • ・ヤマト運輸
  • ・佐川急便

お支払い方法について

■お支払い方法

  • ・クレジットカード払い
  • ・代金引換
  • ・コンビニ前払い
  • ・NP後払い(コンビニ・郵便局・銀行)
  • ・Amazonペイメント
  • ※予約商品など商品によっては一部ご利用できない支払い方法がございます。
  • ※お支払い方法によっては別途手数料をご負担いただきます。

お支払いについての詳細はこちら

キャンセル・交換について

■注文後のキャンセル

当店では、不良品・誤配送を除き「イメージ違い」等、お客様のご都合によるご注文後のキャンセルは承っておりません。

■不良品・誤配送について

キャンセル・交換についての詳細はこちら

お問い合わせ

■よくあるご質問

よくあるご質問はこちら

■お問い合わせフォーム

営業時間 10:00~18:00(土日祝、夏季・冬季休業日を除く)

各種お問い合わせはこちら

注文照会・ログイン情報について

■ご注文内容の確認について

注文照会はこちら

■ID・パスワードをお忘れの方

ユーザーIDの確認・パスワードの再設定はこちら

TOP