• Instagram
  • SNSアカウントー覧

HOME > 音楽誌が書かないJポップ批評 ユニコーン

宝島SUGOI文庫

音楽誌が書かないJポップ批評 ユニコーン

著者:別冊宝島編集部 編

16年ぶりに完全復活!!
再結成記念


多くのバンドに多大なる影響を与えた
伝説のバンドの“軌跡”


おかえり!UNICORN!


1980年代後半から90年代前半にかけ、突如として巻き起こったバンド・ブーム。その渦中にアルバム『BOOM』でデビューしたユニコーンは、ブームに乗っても、流されず、“浮いた”存在であった。彼らは数々のヒット曲を残し、わずか6年というキャリアで、93年に解散。16年を経た今年、待望の再始動!そんな時代の中の彼らとは? 音楽性の肝とは? ブレない強さのバックボーンとは? ユニコーン・ワールドを徹底吟味。

 

※本書は小社より刊行した別冊宝島724『音楽誌が書かないJポップ批評22 ユニコーン&奥田民生の摩訶不思議』(2003年2月)と、別冊宝島1426『音楽誌が書かないJポップ批評48 奥田民生「アンチスターな男」の20年』(2007年5月)を合本し、改訂・文庫化したものです。

目次

    イントロダクション 「働く男」たち、ふたたび

    PART1
    祝・再始動!奇跡のバンドのサウンド&ヴィジョン

    アルバム・レビュー特別編
    16年ぶりの新作『CHAMBRE』で新しくて懐かしいユニコーンを味わうの巻

    アルバム・レビュー
    #1 『BOOM』(87年10月)
    後の作品と違うからこその“ある種の”原点
    #2 『PANIC ATTACK』(88年7月)
    『服部』への序走じゃすまない過渡期特有の味
    …ほか

    PART2
    ユニコーンの「歌」と「人」よってたかって大検証!

    とことんフツーのないないづくしから生まれたヤケクソ宴会芸の破壊力
    “やりたいこと”のないバンド

    時代の中のユニコーン/バブル崩壊寸前に輝いた“覚醒の歌”
    ニッポンのみなさ~ん、目を覚ましてくださ~い

    メンバー・プロファイリング
    #1 奥田民生
    照れ屋でゆるい実質的リーダー。アンチスターがスターになって……!?
    #2 川西幸一
    川西なくして民生なし!? メンバーを躾けたリーダーの多大な影響
    …ほか

    PART3
    ヒストリー&ミュージック徹底解析!

    勝手に読み解く5人のホンネ ユニコーンの“アジな発言”

    ユニコーン THE HISTORY 1986-1993
    第1期 助走(1986-1988)
    デビュー後に成長したバンドの駆け出しの日々
    第2期 爆発(1989)
    ノーティ・バイ・ネイチャーなスピリット発揮!
    第3期 絶頂(1990)
    3部作リリースで多くを手に入れ、失ったのは……?
    第4期 暗雲(1991)
    各メンバーの色が強まり、絆に黄信号が灯る
    第5期 (いったんの)終焉(1992-1993)
    最期の結束力を振り絞って奏でたレクイエム

    女の子だけのモンじゃない! 男もすなるユニコーン・ファン

    拓郎・永ちゃん・浜省を生んだ街・広島とユニコーン
    民生こそ、「広島男」の王道である

    キーワード別音楽分析
    #1 ビートルズ
    曲作り、音作りを素直に……ではなく“ねじれ”感覚を継承
    #2 歌謡曲
    身体はロック、心は歌謡曲――純愛に支えられたアプローチ
    …ほか

    PART4
    『BOOM』から『CHAMBRE』まで! 22年110曲 勝手に全曲ガイド
続きを見る
lʔ̃Nl
󓇎ЃXgA
kippisiLbsXj


ページトップへ

メールマガジンのご登録

  • Instagram
  • SNSアカウントー覧
Copyright © TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.